男たちが普通に女性に夢見るもの、

恋するときは、テストの成績が落ちる可能性が高い。どうしてかと言うと脳は左が論理脳、右が感覚脳に役割が分かれ、恋をして夢中な人がいるときであれば感情を支配する右脳が活発に動いているのが原因。
近づきたい人にぐっと近づくための方法。その気になる相手が一人だけの存在なのだと信じさせる言葉を巧みに言ってみなさい。例えば「あなたは特別」とか「オンリー」のと言うのが一つの技です。
「犬好き」を自負している人は喜怒哀楽の表現が豊かなパートナーがほしい。自分の込めた気持ちの分だけ自分にだって同じようにしてくれるそんな感じの自分好みのパートナーがほしいと探してしまう傾向が多い。
「猫よりも犬好きで犬タイプ」の人は、まわりからすれば恋愛に関する感情がとってもはっきりしているタイプです。恋愛対象ができちゃうと、たちどころに交友のある人に分かってしまうことも。
あなたが言われた「愛しています」の後ろにはいつでも「愛してください」という意味が見え隠れしている。愛の真実はお互いに差し出すように見せても、その実取り合うものなのである。
女の人に話しかけているときなどに、枝毛を手入れしているように見えたことはありませんか?会話をしている相手の人が同性ではなく異性の場合は、気持ちを落ち着かせようとしている、ということは、好感を持っている期待についても考えてよいということ。

>>運命の媚薬を徹底解説するブログ
ほとんどの人の場合は愛についての問題を「相手を愛する」という課題としてや、「パートナーを愛する能力の水準の問題」としてではなく、「相手から愛される」というケースとしてつかんでいるものである。
ご存じロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる者どうしの禁断の愛が異常に燃える理由は、応援してくれない人からの邪魔が固い心の結びつきの二人をもうひとまわり掛け替えのないものにしてしまう心の動きが働くことが多いからだ。
きれいごとと言えば現実的によく考えればその通り、きれいごとかもしれない。そうはいうものの、理想通りになったらいいなとか、非現実的な考えだって本当はわかってても真剣に夢見てしまうのが恋愛なんだと思います。
どんな工夫で“女っぽさ”(優しさ、癒し、包容力)を親しくなりたい男性に知らせるかが必要であり、十分でもある。自分のことを魅力的に感じさせようとする女性に男性は心を動かされる。
マンネリを食い止める良策を知りたい?その妙案は、パートナーと二人でする共同作業の中にある。共同の目的を持ち、それに達したときに、二人で目標に達成したという感動が最も大事です。
多くの人は身の回り半径100mに相手の異性がいる。自分の仕事場所や普段よく使っている場所など自分の半径100mをくまなく探して、意中の異性に迷わずチャレンジすること!
デートの誘いの成功率をアップさせるには女性を持ち上げることが大切といえます。『余裕があるから、俺が払うよ!』と余裕の表情で誘えば、男性のことを“経済的な余裕がある人”と女性は見込むのが当たり前である。
「俺が守ってやるから大丈夫」等の強い男性らしいナイトさながらの甘い言葉に骨抜きにされてしまう女性は少ないとは言えない。ところが有言実行できない男性とは幸せな結末に結びつかないことも予想されるので気を付けてください。
「今回は俺が払うから、次回は君がごちそうしてね(笑)」というふうに言ってあげれば、女性に払ってもらった罪悪感を受け止めさせず、場を和やかな雰囲気にして、また次回の二人が会う約束にたどり着くことになるだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ