親しくなりたい女の人が飲み物を飲むのなら

「浮気する度胸もないくせに、突っ張らないでよ」これほどのひどすぎる言葉を使って彼氏をからかうと、受けた側は「じゃあ誰とでも浮気してやるよ!」と言葉には出さずに態度を変える。
「時間がない」がお決まりの女の人は残念。「どんなときにデートに誘っても時間が取れずにあっさり断られそう」と誘いたくても男性が誘うのを悩んでいることが少なくないはずだ。
男性の「泣き」というものは敏感な女心を揺さぶることができるものであるが、そのときのシチュエーションによっては「つまらない泣き上戸」にとらえられる想像も覚悟が必要かも。
イケメンとか男前と言われている男性は、「軽そうだよね」「女の人に大人気だよね」「私なんか相手してくれないよね」と勝手なことを想像されてモテないもの。女の人の恋の対象から除外されてしまうことが結構あるのです。
意中の異性と二人で一緒にいるとき、あなたとよく似た動きをするかじっと見てみましょう。一緒にいられることがあったら、意中の人が無意識にあなたとよく似た動きをしたら両想い。

>>40才からの恋愛成功法を徹底解説するブログ
とかく「いつも自分ひとりだけでひっそりと単独行動していると認識されている女性」は『孤独なひとりの世界を邪魔するな』というしずかな炎のような威圧感を持っていて、とても近寄りづらい印象をもたれる。
女性は外観についての褒めてくれることは希望していません。それよりも、ちょっとしたおしゃれ、考えているところをうまくいいねと言われると女性はいい気持ちになることがふつうである。
彼女への愛を如才なくなんとか伝えようとか、あなたの熱い女性への想いを言葉で伝えなければなんて、おびえる必要などない。あなた自身の存在そのものが愛の告白です。
親しくなりたい対象が何か飲み物をのんだら、あなたも飲む。頭をかくのなら、あなたもかく。足を組みかえたら、自分も真似して組みかえる。こうやってあなたがしぐさの真似を続けるとお付き合いしたい相手に親近感がわくのはあたりまえ。
意中の人に費やしたり(金銭的にだけでなく、心身的にとか時間的など)しただけ、男性はそんなふうに投資した人のことを好きになることが少なくない。好きになるどころか、とにかく好きにならざるを得なくなるだろう。
恋するときはウソをつくのは避けたい。状況によっては本気の恋だからこそ嘘だって少なからず存在する。細かなウソは実際には嘘をつかれた彼(彼女)を幸せな気持ちにさせるものである。
「猫好き」はドラマみたいな恋愛が希望。飼われている猫も、ご存じのとおりかわいがり方に比例して飼い主との関係が深くなり、深い関係になるペット。そうはいうものの実際クールな感情で、気まぐれ屋さん。
現実の知り合いよりもSNSや出会い系サイトから知り合った方が、いわゆる男女の関係になるまでが短い。内面から知り合った関係なので直接に触れ合ったときに、深い仲になりやすいためだ。
男どもよ、女性を確実に守りたいと願うなら、注意深く女性を右側から守れ!不思議なことだが人間はとっさに守らなくてはと思ったとき、右手よりも左手がまず動き始めるという性質があることが間違いないからだ。
恋人への愛の中にはしゃべる言葉よりも多くの沈黙があるのだ。恋愛中の男が恋人に対してそっと優しく語りかけるとき、女性は話している言葉よりも沈黙に心が震えています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ