「犬が好き」という人は感情表現がダイナミックな恋人がいい。

恋をしていて夢中なときには聞き分けというものができない人が少なくない。ということは、分別が確実にきくのであれば心を込めた恋をぜんぜんしていない裏付けなのである。
気になるヒトと出かけているとき、隣に座ったけれど、相手との間に荷物なんかをもし置いたら、それは拒絶している心の表れ。まだあなたに対して心の中はひっかかりがあるというはっきりとした証拠。
「俺が守ってやるから大丈夫」等のいかにも男性らしい憧れの騎士のような甘言にぞっこんになってしまう女性はとても多い。実際には口先だけの男性とはずっと交際することはない可能性があるのでご用心。
「犬好き」という人は感情表現が豊富なパートナーを作りたがる。情を注いだ分自分の身にも報いてくれるそんな理想の恋人がほしいと思い願う場合が少なくない。
「いつ見てもひとりきりで単独で活動している行動パターンの女性」は『ひとりきりの世界を壊さないで』という無言の強い威圧感を持っていて、近づくことができないものである。
女性から質問された疑問のとおりそのまま返さない男の人はモテることはない。女性は質問した相手に同じことを尋ねられたくてその質問を投げかける。自分自身がする質問は同じことを尋ねてほしいという生き物である。
その息吹に触れたとたんすべてのものを気高いものに変えてしまう、これこそ恐ろしい愛の魔法である。なんだか、ふしぎな光で黒い汚れた雨雲さえ金にする太陽のような力である。

>>出会いスポット別女性攻略術を徹底解説するブログ
ロミオ&ジュリエットで有名な、結ばれない愛が強く燃える理由は、関係者からの横やりが強く結ばれた二人の心の結びつきをもっと固くしてしまう心が働く場合が多いからである。
忘れたい過去の想いでを忘れることができないなら、あなたの見えるところにある全部の恋人の表情やぬくもりを思い出させるようなものは捨ててみて。または売ってみろ!これが最低限の鉄則なのだ!
簡単なことですが、あなたとの会話の途中に、お付き合いしたい相手が、こちらを真正面から見つめた上で、ほとんどまばたきしないなら、相手も同じ気持ちの可能性がとても高いと言っても過言ではありません。
何より相手を見つけることが最優先。巡り合うことができればお互いのことを愛しあうようになるに違いない。互いに相手と愛し合うことになれば、お互いのことを支えあうことになるよ。
ペットのことを聞くと、その人の自信のある部分は何かを探れる。ペットは飼い主に似ることが多いもので、人間にとって、長く飼っている動物は飼い主自身の分身とも言える奇妙な存在という事実がはっきりします。
いいなと思っている異性の後ろから不意に名前を呼んでみて、もしもその人が右側から振り向いたら、きっとその人は異性として見ている(恋愛の対象として可能性アリ)と考えられます。もしもその人が左から振り向くようなら、単に人間として見ている(恋愛対象の可能性が無い)かも。
相手からの「愛しています」の裏側にはたいていは「自分のことを愛してください」が忍ばされている。愛、それは気持ちを寄せ合うように思われていたとしても、真実は反対に奪い合うものなのである。
「今日のところは俺が払うから、今度俺にごちそうしてね(笑)」などと言ってあげれば、女性にどうしたらいいのかなという気持ちを意識させないように、支払い場面を和まして、また次の機会の約束にこぎつくことになるだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ