男性が涙を見せると女性のハートをキュンとさせることができると思われるが、

普通、一目惚れとは「あなたの描いた最高の実在しないイメージに惚れている」あんな有様。心理学的に「イメージの投影」というよくある心理メカニズムという現象。
親どうしも認めている結婚を前提としたお付き合いのような本当に長期に彼女を引き付けたいのなら、とてもやさしくて、とても賢くて、さらに忠実で信頼もおけるとどめに思いやりもあるあたたかい父親のような男になることを目指せ!きっと結婚できないはずがない。
なかなか恋人ができないのは自己評価が厳格すぎるはっきりとした証拠。自己評価が厳しすぎると未来の恋人との間にある恋愛のハードルを高くする結果になっている。自己評価の点数が適切な人は、恋愛のハードルの高さを越えることができなくしているという現実。
人間はキスによって、実は相手の生き物としての情報を探り、不満のないレベルの彼、彼女を選択しているのだキスが×、の意味は生き物としてダメな相性です。
恋に夢中なときには正しい判断というものがきかないことがしばしばある。反対からいえば、普通どおりに思慮分別というものが正しくできるのだという人たちは本当の燃えるような恋をしていないという表れなのである。
近づきたい異性と二人でいて、隣に座ったけれど、さりげなく相手との間に手持ちのバッグなどなどをもし置くのなら、それは拒絶感を表しています。今はあなたに対して心はさらけ出せていない証である。
注目!真っ暗闇の心理的作用は、非常に優れています。視線や表情が相手から隠すことができるので、安心感・開放感を得る。人というものは、自分の表情を読まれることはとても嫌いであるのが原因。
注目!暗闇の心への効果はすごい!瞳が真ん丸になることで、近づきたい異性が優しくなる。通常、人は、強い興味のあるものを見ると、じっくり見ようとして、瞳が広がる。

>>愛される女性になるための『恋愛マインド』の評判・口コミ・効果
恋人をいとおしく思う気持ちだけが愛し合う二人の心と心を固く結んでいる。支えあう二人だからどちらも大切な人に、いい加減にはできない。この緊張感が女を、さらに異性としての男を磨くというわけです。
二人が顔を合わせる回数を増やせば、男性は貴方のことをますます素晴らしいと感じるようになる。実証された心理学的な現象なのです。朝のあいさつだけでも、1日1回だけは、お互いの顔をあわせよう!
普通は恋愛についての問題を「愛する側である」という立場や、「愛する立場としての能力の有無」ではなく、「人から愛される」という定義として考慮していると言える。
どういうふうに“女性らしさ”(代表的なものでは優しさ、癒し、包容力など)をお付き合いしたい男性に知ってもらえるかが最低限の条件であり、それだけでも十分なのだ。魅力があるように見てもらおうとするそういう姿に男性は心を奪わるものだ。
普通は愛についての課題を「相手を愛する」という課題としてや、「愛する能力の有無」ではなく、「愛される自分」という課題として意識しているのだ。
親しくなりたい異性と一緒にいられることがあったら、二人が同じアクションをしているか確認してみては?一緒にいられることがあったら、相手が意識せずに自分と一緒のしぐさをしたら気があるサインです。
とにかく最初は出会うことです。見つけ出すことができれば相手のことを愛しあうようになるに違いない。そんなふうに恋人と愛し合えれば、お互いに相手のことを支えあうようになるに違いない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ