ポエム 恋愛は詐欺?

その甘い息吹に触れるいかなるものもかけがえのないものにしてしまう、これこそ恐ろしい愛の魔力です。あたかも、ふりそそぐ光で濁った黒い雨雲さえ金に変えてしまう太陽のような不思議な力みたいだ。
なるほど確かに実際の問題として冷静に想像してみればその通り、絵空事かもしれない。しかし、そんなふうになってほしいとか非現実的な願いだって本当はわかってても本心から望んでしまうのが恋愛に違いない。
『合コン』や『飲み会』という呼び名は時代遅れで、下卑ている。惚れさせたい女性を本当に誘いたいと思うのなら『お食事会』『イベント』のような催しを理由に声をかけたほうが、女性も何となく不自然に感じない。
まず最初に相手を見つけること!異性を知ることができれば相手を愛しあうようになるに違いない。そんなふうにパートナーと愛し合う関係になれば、今度は相手のことを支えあうようになること間違いなし。
彼女への愛にはしゃべる言葉よりも沈黙がたくさんある。だから恋する男が恋人に対して甘い言葉で語りかけるとき、聞いている女は男性の言葉よりも沈黙に魅了されています。
普通の女の人は話を聞かされる話すことが気持ちいい。相手の話を聞かずに自分のことばかり延々と話し続ける男性は完全にばか野郎。配慮しつつどんな時でも話役になることを好むものな女性に問いかけてあげることが必要。
その吐息に触れるあらゆるものを貴いものにしてしまう、素晴らしい愛の魔力である。さながら、唯一の光でどず黒い雨雲であっても金にしてしまう太陽のような不思議な力みたいだ。
「笑顔=認めている」というサイン。話を聞いてほしい相手の自分のことをを認めてほしいという気持ちを満足させられる高度なテクニックである。あなたの話した冗談や話を聞いてくれた人が笑ってくれたとしたらとっても嬉しいよね。
知ってますか?テーブル席の場合、目の前の席が相手の席になったら、射止めたい人の前のテーブルの上にはよけいな物(携帯や手帳それと水など)を置くのは避けろ。じゃまな物があることで向こう側の相手に圧迫感を感じさせてしまう!
「今度どこでもいいから飲みに行こうよ?」と質問して、「将来はイケたらハッピーだね」とその人からメールがきちゃったら、たいがい絶望的。
失敗のないラブホテル誘導法を徹底解説するブログ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ