恋愛ニートの噂が…

「今回の分は俺が払うから、次回は君がごちそうしてね(笑)」というふうに言ってあげれば、女性に申し訳ないという気持ちを意識させず、場の雰囲気を和やかにして、いつかの約束に持ち込むことができると予想される。
デートの日、お別れのとき、引っ張りたくても引っ張らずに、一番最後の場面で押し切ってでもおしまいだと、今度のチャンスも何回でも楽しく会いたいと思わせるという現実があります。
きれいごとと言えば現実の世界で大人になって考えれば言うとおりきれいごとかもしれない。だけど、そうなれとか、非現実的な望みだって理解していても本心から望んでしまうのが恋愛なんだと思う。
例えば結婚前提の交際のような長く彼女とお付き合いしたいのなら、とてもやさしくて、とても賢くて、忠実、信頼のおけるもうひとつ相手への思いやりもあるあたたかい父親のような男になろうじゃないか!そんな男性は結婚出来るよ!
嫌な過去の恋をひきずるなら、捨てていない高価なものも好きだった人との想い出を思い出させるようなものは捨ててみろ!捨てないなら売るのだ!これが基本中の基本!
空、それは女性の恋に例えられ、海というものは男性の恋する気持ちのようなものである。男性の恋も女性の恋も下と上とのラインに決して越えることができない限度が置かれていることに気がつかないものである。
実は最近では、優秀なDNAを持つ若い男性がだんだん減っている。そしてそのうえに若い男の精子量が減っているという事実。ですから優秀な遺伝子を持つ年配の男性を女性は望む。年の差婚はこうして生まれる。
女性は肉体についての褒めてくれることは望んでいない。その点よりも、ほんのわずかなおしゃれ、努力しているところをさりげなく笑顔で迎えられると女性の気持ちは満たされる場合が多い。
いつも忙しいということがいつものことだという女はまったくモテない。「いつ声をかけても忙しくて無理とダメといわれそう」と男性があきらめて口説くのをぐずぐずしているのではないか。
テーブル席に座る場合、相手の席が目の前なら、気になる人の前にどんな物(携帯や手帳それと水など)も置いては×よけいな物があることでせっかくなのにプレッシャーを与えさせてしまうのだ。
行列の出来る田辺まりこの恋愛講座の評判・口コミ・効果

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ