初心者による初心者のための北海道新幹線入門と恋愛成就

北海道新幹線はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

初めてのキスを成功させ、ずっと進まなかった関係を恋愛に進める方法
初めてのキスを成功させ、ずっと進まなかった関係を恋愛に進める方法
     これが殻を破る=ブレイクスルーの瞬間です   男性「あの〜すいません、ホント、○○さんの爪、素敵なんですけど……」  女性「あ、ネイルのことですか?」 男性「そうです、素敵だなとは思うんですけど、その、ぶっちゃけ……、やり過ぎじゃないスか!?」 女性「え〜!?可愛くないですか?」(ちょっと驚いた風の笑顔) 男性「可愛いです


成功者の年齢に興味深々です。

尚、こちらは当サイト推奨の鉄板情報はこちらです。
↓↓

>>■女性から深く必要とされ、心から信頼される、自信に満ち溢れる男性に、生まれ変わる方法【氷の世界】■<<


北海道新幹線開通後の乗車券に関してお伺いしたい事があります。 東北・北海道新幹線を利用して旅行を計画しております。 現在の計画は以下の通りです。 初日、静岡から函館へ行き観光宿泊 2日目、函館から札幌へ行き観光宿泊 3日目、札幌から帯広へ行き観光宿泊 4日目、帯広から青森へ行き観光宿泊 5日目、青森から仙台途中下車し、帰路につきます この際の乗車券購入に関してです。 できれば「往復」で購入したいのですが重複する区間があります。 私としましては「静岡⇔帯広」の往復を購入し、重複区間(往復から外れる区間)は 別途購入で問題ないと思っておりますが・・・ 特急を利用する際、特急券と3枚の乗車券でも問題はないのでしょうか? 例えば2日目「往復行(新函館北斗~南千歳)」「函館~新函館北斗」「南千歳~札幌」という感じです ご指南いただければ幸いです

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も北海道新幹線関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

2015 新幹線映像集 迫力の高速通過編 JR東日本管内 Rapid passage of Shinkansen






恋愛についての悩みや壁は各人各様です。

ハッピーに恋愛を突き進めるためには「恋愛の要点」を理解するための恋愛テクを持っておくべきです。

出会いがないという男女一般は、後ろ向きを保っている様だ。

はなから、我が裁量において出会いのグッドタイミングを見逸らしているというのが大抵の時です。

恋愛が一番盛り上がっている時は、世間一般でいう“胸の高鳴り”を生成するホルモンが脳内に分泌されていて、やや「非現実的」な様子に陥っている様だ。



注意してみて下さい。

あなたとの話し中に、いいなと思っている相手が、こちらの事をしっかりと見つめた上で瞬きをする事が少ないなら、いいなと思っているという見込みが相当高いでしょうね。

不思議な事に近頃では、良い遺伝子を持っている若者がだんだん減っている。

さらに困った事に若い男の精子量が減っていると言われている。

というわけで優れたDNAを持っている年の離れた男性を女性は追い求める。

これが年齢差婚の理由。

恋をしていると、とっても身近に、だけどいくら希望しても自分には届かないつかみきれないほどの幸せが存在するように考える。

それのみかその幸せは、たった人つの言葉、そして人つの笑顔だけに響いてしまうのである。

自分の格好はレベルが低いと思っている男性や、恋愛人数ゼロ人という男性など、シャイな方でも、この恋愛テクを利用すれば、意中の人と付き合う事がします。

本当の恋をしているときには、相当身近に、けれどもいくら祈っても現実にはならないつかみきれないほどの幸福があるような気配がする。

その上その幸福は、たった人つの言葉、そして人つの微笑にのみ響くのである。

恋人を愛する感情というものは言ってみれば義理の鎖だけで保たれているのだ。

残念な事にほとんどの人間の感情の基本は少なからず悪であるから、そんな義理は自分の感情の基本ですぐにでもたち切る。

行きつけのカフェでコーヒーを飲んでいるとき、「私とあなたって、どうに見えてると思う?」と恋人にそっと尋ねてごらん。

こんな大胆な言葉を聞かされた男性は、びっくりする事になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年1月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ