新宿ゴールデン街批判の底の浅さについてと恋愛成就

新宿ゴールデン街を検索されているあなたに朗報です。
当サイトは恋愛情報紹介サイト。
ちょっとこちらを見て下さい。
↓↓

>>恋愛初心者が続々成功!女性店員攻略法<出水聡-サトシ-美人店員との出会いを量産し彼女にするプロのテクニック><<

コンパ、呑み会という言葉での誘い方はマンネリで、上品ではない。

ラブラブにしたい女性を誘いたいなら街コンのような催しを口実にしてデートに誘ったほうが、女性も何となく違和感がない。

近づきたいヒトと出かけているときに、相手の隣の席で、さりげなく自分との間に手持ちのバッグなどをもし置かれるようなのだとしたら、悲しいけれどそれは拒絶感を表している様だ。

未だに心はオープンにできていない裏付けなのである。

たとえ結婚できようができまいが、同じように愛する事ができるのが恋。

もしかすると別れる日がくるかもしれない、しかしながら愛するという感情こそが真実の愛である。

相手を思う感情の中には言葉よりずっと多くの沈黙が隠れている。

熱愛中の恋する男が自分の恋人に語りかけているとき、聞いている彼女はしゃべっている言葉よりも沈黙にうっとりしているのが普通なのだ。

ちなみに・・・

—————————————————

おはコン晩は Ψ(・ω・#) ■新宿歌舞伎町ゴールデン街で出火1人軽傷[4月12日]■ 『12日午後1時20分頃、東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街にある2階建ての飲食店の2階付近から火が出て周囲に燃え広がった。ポンプ車等およそ40台が消火活動に当たり、4時間余りで火は消し止められました。(中略) 警視庁等によると、近くで飲食店を経営する60代の女性が煙を吸って病院に運ばれたが症状は軽いという事です。』(NHKニュース) TV観てたら速報で火や煙が凄く出てる中継映像映したけど、これだけの火事で軽症1人って幸いでしたね。 Ψ(゜Д゜#;) ……………………………… ▼オマケの名曲▼ 《布袋寅泰》 【さらば青春の光】 http_//www.youtube.com/watch?v=FkVfZyn0KRM 布団の中より… 今日も一日夜露死苦★彡 //(☆ω☆#)\\ ⊆ΞΞΞΞΞΞΞ⊇ 【Holmes】 .

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

あの人と話すと幸せだな、肩の力が抜けるな、とか、コミュニケーションの中でやっと「○○君の事をもっと知りたい」という感情が表面化するのだ。

恋愛という沙汰にはそれらの手間が必要なのだ。

女の子向けの月刊誌では、決まって色々な恋愛の戦術が発表されている様だが、はっきり言って大方リアルでは生かせなかったりします。

一昔前は、お金がかかる出会い系サイトが一般的でしたが、近頃では完全に0円の無料出会い系サイトも使いやすくなっただけでなく、サイト自体にセキュリティシステムを搭載するなどの理由から、ここへ来て一気に利用者増となっているのだ。



例えばロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる者どうしの愛が激しい理由は、関係者からの余計な干渉が燃える二人の心の結びつきをいよいよ固いものにしてしまうという心情が働く事が多いからだ。

サービスのベースは欠かせない人にどうやって気に入ってもらえるかを一生懸命考える事なのだ。

つまり、接待は恋する事と変わらないと結論付けられます。

男より女の率が大きいサイトで楽しもうと考えるなら、やむを得ず有料とはなりますが、ポイント制や料金が一定に設定されているサイトの門を叩くと効率的です。とにもかくにも無料サイトで腕試しをしましょう。

では、今日も新宿ゴールデン街関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

吉本興業抗議街宣2012/06/03Part9ルミネtheよしもと前(4/4)






男性というものは、上手にコミュニケーションをとるのが苦手で当然な生き物。

異性を「からかう」というアクションを、知らず知らず選択してしまっているのがほとんど。

つまり、からかうというアクションでコミュニケーションをうまくとる事ができない異性との交流ができる。

例外的な人以外は恋愛のとらえ方を「愛する立場」という課題としてや、「愛する側である能力の有無」ではなく、「愛される」という思いとして考えているのだ。

どうしても恋愛できないのは、自分自身の評価が高すぎるに違いありません。

自己評価に問題があると未来の恋人との間にある恋愛のハードルを越えにくくする結果になっている。

自己評価が上手な人は、恋愛レースのハードルを越える事ができなくしている事になります。

自分が大切にしている動物の事を聞くと、相手の自信のある部分は何かを確認する事が可能。

ペットと飼い主は似るもので、人間にしてみても、いつも一緒の動物は本人の姿そのものと言える注目すべき存在という事実がはっきりします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ