欅坂46の何が面白いのかやっとわかったと恋愛成就

欅坂46はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

Next Communication Secret~もう人間関係で我慢したくないあなたへ~
Next Communication Secret~もう人間関係で我慢したくないあなたへ~
そして、残念ながら、「そのような許可」を出してくれる人や環境は今の日本にはそうありまえんでした「本当に大事な部分なのに誰も言わないのはおかしい…」そう心から思い、この本質的な無理もしない、我慢もしないお付き合いを体感してもらうためにもいろいろ考えた結果、このメッセージを私があなたに伝えることにました


今、もっとも手軽に実践できる手法ですね。

尚、こちらは当サイト推奨の鉄板情報はこちらです。
↓↓

>>恋愛初心者が続々成功!女性店員攻略法<出水聡-サトシ-美人店員との出会いを量産し彼女にするプロのテクニック><<


欅坂46とB’z特有のコードについて。 先日Mステーションで欅坂46というアイドルグループが「サイレントマジョリティ」という曲を歌っていたのですが、サビがどこかで聞いたことがあるメロディだなと悶々としていた結果、B’z特有のコード進行だからじゃないかという結論に至りました。 B’zのC’monという曲のイントロを思い出すとわかると思うんですが、それ以外にもZERO、Pleasure人生の快楽、ピエロ、Wild Life、バッドコミュニケーションなど多くの代表曲が同じようなコードになっていて、欅坂の新曲もそのコードになっていると思うんですけど、パクリがどうとかそんなことを言いたいんじゃなく、そんな理由でこの曲はB’zの曲っぽくないですか??

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も欅坂46関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

欅坂46 平手友梨奈 今泉佑唯 小林由依 インタビュー 2016-04-06






学生の頃からの環境の変遷に慣れず、これまでと同じように生きていれば「すぐにでも出会いの好機はやってくる」などとふんぞり返っているから、「出会いがない」「理想の男性がいない」などと後ろ向きになってしまうのだ。

「完全に0円の無料出会い系サイトに関しては、どんなふうに操業できているの?」「使ってみたらすごい額の請求書が来るようになっているんでしょ?」と勘繰る人がいるのは否めませんが、そういう疑念は振り払って下さい。

ほとんどの婚活サイトは女の人は無料となっているのだ。しかし中には、女の人にも料金が発生する婚活サイトも存在しており、真摯な真剣な出会いを期待する人で活気に満ちている様だ。



燃える愛を失敗しないよう何とかして告白しようとか、あなたの燃えるような愛する人への想いを言葉で伝えようなんて、緊張する必要はない。

熱い感情の君の全身で伝えているのが本当の愛の告白といえる。

男の愛にはしゃべる言葉よりも貴重な沈黙がある。

だから恋する男性が恋人に向かってうっとりするような言葉で語りかけるとき、彼女は聞こえる言葉ではなく沈黙にじーんとしている事が多い。

鏡の中の自分をじっと眺めている女性は自信がない事が多いみたい。

そういう自信がない異性にはあなたが自信を持てるようしっかりとした言葉で「きれいだよ」とか「かっこいいよ」と知らせてあげる事が必要。

子供時代からの環境の変遷に慣れず、特別な事などしなくても「そのうち出会いが待っている」などと侮っているから、「出会いがない」「いい男子は何処にやら??」などとため息をついてしまうのだ。

素晴らしい恋愛のためには、ありがちな事でも「本当にありがとう」や「助けてほしい」と考えている事を正直に口に出す初めのころの感情を絶対にしっかりと忘れない事が気を付けるべき点。

「今日は全部俺が払うから、今度俺にごちそうしてね(笑)」というふうに言えたならば、女性に不安な感情を意識させないように、二人の間の空気を和まして、もう一回の甘いデートに持ち込む事ができる事だろう。

出来の悪い不良理論とはこういう現象である。

それは普段はやさしさに欠け、年中パートナーををがさつに扱っているのに、ごくまれにのぞかせる優しいしぐさ彼女は心が動かされると言う事である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ