「上原さくら」で学ぶ仕事術と恋愛成就

上原さくらはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

緊張震え撃退7日間集中オンライン講座
緊張震え撃退7日間集中オンライン講座
 それまでは意外だったことですが、人の心を打つプレゼン=素の自分=人目が気にならないという好循環に気付くことができたのです このことを部下の教育で試すと、私と同じ人前でのプレゼンテーションが苦手な社員は、堂々と内容を話し、完璧なパフォーマンスを示しました


こんな方法があるんですね。

尚、こちらは当サイト推奨の鉄板情報はこちらです。
↓↓

>>テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~<<


「4月から大学2年生になりました。学校には毎日通っていて、友だちからは“さくらさん”とか呼ばれることが多いです。先日は39歳の誕生日を迎えたのですが、みんなが集まってサプライズパーティを 開いてくれて。恥ずかしかったけど、なんだか嬉しかったですね」 笑顔でそう語るのは、上原さくら(39)だ。調停の末、13年4月に離婚が成立した上原。さらに同時期には所属事務所との契約が終了していたことも、後に判明していた。 そんな事実上の芸能界引退状態だった彼女だが、今年3月から新たな所属事務所に所属し再出発。現在大学2年生で、学業を優先しながらの活動になるという。本誌が4月11日に配信した記事「上原さくら 事務所移籍で再出発!現在大学2年、執筆業へ意欲も」で復帰を報じ大きな話題を呼んだ上原が、本誌だけにその“空白の3年間”を語ってくれた。 「正直、前の事務所を辞める前後のことはほとんど記憶にないんです。というのも当時は精神的な病気で半年以上入院していました。病室には鍵がかけられていて、中から開けられない。『私は何もおかしくないのに、なんでここにいなきゃいけないのかな?』と思っていましたが、振り返ると自分の状態も把握できないような状態だったのだと思います」 実際、本誌は同年3月、神奈川県内にある医療施設の精神科で入院生活を送る上原を目撃していた。一連の離婚劇は、彼女を深刻な状態へと追いやっていたのだ。 「退院してからも外に出るのが怖くて、半年以上自宅からほとんど出ない生活が続きました。心配して友だちたちが来てくれたりもしましたが、すっかり殻に閉じこもってしまっていました。『私の人生なんてどうでもいい』、『死んでも構わない』とさえ思っていました」 そんななか、転機となったことは何か。記者が質問すると、上原は突然涙を流し始めた。 「入院していたとき、いつも私を心配してくれていた友人がいました。デビュー当時から親しかった男の子で、彼も芸能の仕事を辞めて実家のある熊本で生活していました。でも私を心配してわざわざお見舞いに来てくれて。何度も『大丈夫だよ!』と励ましてくれていました。退院して、ようやく少しだけ外に出られるようになった私は、彼のいる熊本へ行こうと思っていました。でもそんな彼が突然、亡くなったんです……」 胸の奥に詰まった悲しみを絞り出すかのように、彼女はこう続ける。 「もともと体も丈夫じゃなく持病の薬も飲んでいた子でした。でもあんなに励ましてくれた彼が亡くなるなんて信じられませんでした。お葬式でのご両親やご家族はとても悲しそうでした。その姿を見て私は、ハッとしました。死んでも構わないと思っていたけど、それがどれだけまわりを悲しませるのかわかっていなかった。私はこれまでたくさん周りに迷惑をかけてきた。なのに、勝手に死ぬなんてダメだと痛感しました。家族や友だちが安心してくれるようにならないと。そう思ったことが自分を変えてくれた気がします」 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 上原さくらさんに需要はあるのでしょうか?

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も上原さくら関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

上原さくら : アルブホワイト (200112)






男の人を誘って成功させる戦術から、ボーイフレンドとの効果的なお付き合い、それのみか輝く女でいられるにはなにを意識すればよいかなど、色々な恋愛テクを開示していきます。

出会いがないという世の中の人々は、受け身に徹している様だ。

元来より、自ら出会いの時機を見逸らしているのが大半の事例です。

今どき、女性がよく読む雑誌にも大量の無料出会い系の広告を目にする事がします。信じるに足る会社の無料出会い系なんだったら…と、心を動かされている若い女性が、近頃急激に増えている様だ。



多くの時女の人は男の人の様々な能力などが特別ではない事を好んでいる。

全部がみんなの中間くらいの男性がモテるのである。

すごくピカ一の完全無欠な男性は反対にそばに寄ってもらえない。

普通の女の人はじっと聞いているよりも話を聞いてもらう事が好き。

相手の話を聞かずに自分の話ばかりとめどなく喋り続ける男性は完全にKY。

周りを見て日常的に女の人に問いかけ続ける事が最優先。

一緒にカフェでデートしているとき、「私とあなたの関係って、どんなふうに見えているかな」とそっと恋人に囁いてみて。

たぶん大胆な問いかけを使って質問された男性は、びっくりして動揺するのだ。

出会いとは結局、どんな時に、どんなところで、どんなシチュエーションでやって来るか誰も知り得ません。これ以降、自己改善と揺るぎない気合を有して、用意しておきたいものだね。

いいなと思っている男性の感情を手に入れたいと思うのであれば、口説きたい彼の60cm以内に入ると◎!「あなたのとても魅力的的な香り」「あなたのセクシーなうなじ」必殺の「Body touch」これらの技で意中の男性を攻めろ!たいていは堅いと言われる女友達なんぞは、お付き合いしたいような男性とのチャンスがあっても決して輪の中に入れず、せっかくの彼との数少ないチャンスなのに意地でも邪魔しようとしている事が多い。

犬派は感情の豊かな恋人が好みである。

自分の込めた感情の分だけ自分に対しても応えてくれる、そうやってもらえる恋する相手を探してしまう傾向が少なくない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ