せっかくだから井口一世について語るぜ!と恋愛成就

井口一世はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>理想的な美女と知り合える【特別】な出会い“瞬恋”(しゅんれん)<<

彼女への愛には言葉よりも沈黙が存在する熱愛中の恋する男が彼女に対して甘く語りかけるとき、聞いている女は聞こえる言葉ではなく沈黙にじーんとしているのが普通だイケメンとか男前と言われている男性は、「チャラチャラしてそうだよね」「きっとモテるんだよね」「他にいっぱい出会いあるはずだよね」こんな感じで避けられる事ばっかり。

一般的には女性の未来の恋人から除外されてしまう事が多いのだ。

明るく微笑みを向ければ、相手を口説き落としたいというあなたの本心を控えめに告げる事になる。

惚れている相手にもその感情を知らせる事になり、好きになります。

恋愛に結びつかないのは、自己評価に問題があるサインなのである。

自己評価がへたくそだと恋愛のために越えなければならないハードルを高くする結果になっている。

自己評価がゆるすぎない人は、恋愛までの間にあるハードルを越えやすくする事につながっているという結論。

恋愛の相談を経て、次第に優先順位一位の男/女に湧いていた恋愛感情が、語り合っている男の人/女の人に移動してしまうというサンプルが確認できる。

異性から悩みや恋愛の相談を始められたら、それは第一候補、とはさすがに言えないまでも嫌いではない証です。

より気に入ってもらうためにお近づきになる機会を追求しましょう。

「どうしたんだろう、私に恋愛の相談を提案してくる」という出来事だけに縛られるのではなく、様子を隅々まで吟味する事が、相談相手との繋がりを持続していく時に大事です。



女性から聞かれたとおりの疑問を聞き返してあげない男性はモテる事ではない。

女性は聞いた相手に同じ事を尋ねられたくてそのように聞くのである。

自分の疑問は同様に尋ねてほしいという特徴を持つ生き物。

愛には言葉よりずっと多くの沈黙があるのだ。

恋をしている男が自分の彼女にしっとりと語りかけているとき、聞いている女の人は聞こえる言葉よりも沈黙に聴き入っていて当然。

男子から悩みや恋愛の相談に乗ってくれと頼まれたら、それは最も思いを寄せているまでは行かないにしても親近感を抱いている表現です。好感度を高めてモーションをかけるフックを創りだす事です。

では、今日も井口一世関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

株式会社井口一世 3分版






どうしても恋愛できないのは、自己評価が厳しすぎる事が原因なのである。

自分自身の評価が高すぎると恋愛までの間にあるハードルを高くしてしまう。

自己評価がうまくできている人は、恋愛のハードルの高さを低くできているというわけ。

そっと「自然に肩をたたく事」又は「肩にそっと触れる事」はズバリ「Body touch」そのものだ。

なので「55センチ以内への嫌われない侵入」と考えて「汚れていない清潔感のあるとても魅力的的な香りを備えている」事が大切です。

つまり愛とは、人りぼっちの人が感じている孤独を癒そうとする営みであり、愛、それこそが本当の社会生活で、これまで以上に幸福に人生を過ごすための一番の技術なのである。

カフェなどでお茶を飲みながら、「私とあなたの関係って、どうに見えてると思う?」とそっと恋人につぶやいてみよう。

たぶん質問を聞いた彼氏は、びっくりして動揺する事でしょうね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ