佐藤健はもっと評価されるべきと恋愛成就

佐藤健はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

ゼロから結婚をキュッと引き寄せる88のヒント
ゼロから結婚をキュッと引き寄せる88のヒント
 「もっといい人がいるんじゃないか?」という欲のようなものが芽生えるのでしょう すると、一人の人に決めるのがなかなか困難になります


まるで夢のような話ですね。

ちなみにこっちは成果確認済みの情報です。
↓↓

>>LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~<<


26歳の男です。16~35歳の女性の方に質問です。女子から差別を受けずに友達や恋人になったり、一人の人間として認められるようになるには、どのような特殊能力や才能が必要ですか? 顔をはじめとする容姿にコンプレックスがあり、若い女性から軽蔑や侮辱のこもった目で見られるので、若い女性が信用できません。また、最近の日本では、女性の社会的権力が強くなり、強力な武器がないと認めてもらえないみたいです。また、女子と友人になるために審査や基準が厳しく、通過することがかなり困難みたいです。そこで、以下の基準の中から、いくつの条件を満たせば、人として認めてもらえるのでしょうか? 1,偏差値70、IQ200以上の知能レベル 2,身体能力において、スポーツでプロないしアマチュアの経歴 3,政財界に顔が効き、有力者が背後に控えている 4,2万人以上の支持者(ファン) 5,特殊能力 例として、5ヶ国語以上話せる、1000ヤード以上の距離を打ち抜く射撃術、5万人をまとめられるリーダーシップ 以上の才能から、3つないと女子と親密になれないのでしょうか?また、顔と容姿に関しては、さらに高く、芸能人では、三浦翔平、松坂桃李、佐藤健ぐらいの容姿がないと差別の対象になると聞きました。若い女性の差別は凄まじく、フランス人などの白人の方々の差別ですら比較にならないそうです。また、以上の才能を身に付けるにはどのようなプランが必要でしょうか?私ができることは清潔感を保ち、仕事をすることぐらいです。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も佐藤健関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

佐藤健・綾瀬はるか 20130528






無料でメールを使ってたやすく出会いがあるなどと標ぼうするいかがわしいサイトも非常に多く設置されているのが現状です。

うそ臭いサイトを使う事だけは、100%しないよう用心して下さい。

女性の心理学の見地から、人々は初顔合わせから大方3度目までに相手方との係わりが定まるという原理が内包されている様だ。

3回程度の交流で、その人物が知り合いに過ぎないのか恋愛に進むのかが明確になるのだ。

愛する人が欲しいとイメージしてみても、出会いがないなどと絶望しているとすれば、それは自分自身が無意識下で創作した好きな人を探すための手順がよろしくないと想察します。



著名な芸能人の結婚を見てもわかるように、実は女性は外見重視ではなく、内面を重視する時が多いようだ。

それには理由があって、女にとって感情的・精神的という内面の安心・安全こそが一番気を付けるべき点だからです。

つまり、サービスの基本となるものは、大切な人にどうやって気に入ってもらえるかを求める事とまったく同じです。

つまり、もてなしは恋する事に非常に近いものという結果になります。

ムードのある雰囲気がないと女性にアプローチする事ができない、そんな男性はきっと“男性性”がたりない。

おそらく“男性性”が足りているなら雰囲気を作らなくても、どんどん攻められるし、女が勝手に近づいてくる。

恋愛の相談を経て、徐々に本当に好きな男の子や女の子に生まれていた恋愛感情が、打ち明けている男性/女性に転化してしまうという実例が存在している。

口づけの時間が短くなっているなら心が離れている裏付けです。

いくらごまかす事ができても、ごまかせないのが体。

不自然さを感じたらさりげなく問いかけてみましょう。

「笑顔=認めている様だよ」と言う事。

話をしているパートナーの自分を認めてほしいという欲求を満足させてあげる技術なのだ。

自分のくだらないジョークやなんでもないような話をきいてもらってにこに事笑顔になってくれたらとっても嬉しい事です。

しばしばカチカチと言われている女友達というものは、確実に口説かれたい男性に出会っても仲間にせずに、せっかくの彼との数少ない出会いをとってもにしてやろうとする事ばかり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ