そういえば花田虎上ってどうなったの?と恋愛成就

花田虎上はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>リア充ラブストーリー 1年で男女の友人40人を作り上げ、圧倒的な温かいカリスマ性を持ちつつ女性にモテるリア充生活の作り方<<

なぜか恋愛できないのは、自己評価が厳しすぎる事が原因なのである。

自分の評価が高すぎると恋愛レースのハードルを上げてしまっている。

自己評価がゆるすぎない人は、恋に巡り合うために越えなければならないハードルを下げる結果になっているというわけ。

「犬派で犬タイプ」の人は、まわりからすれば好き嫌いといった気持が非常にはっきりしているそんな人です。

恋する人ができた際、瞬く間に周りの人に分かられてしまう事も。

「にこに事した笑顔=肯定している」という意味。

聞いてほしい人の自分を肯定してほしいという感情を満たす事ができるテクニックなのだ。

あなたのジョークや話を聞いてくれた相手が笑っていただけたらとても嬉しい。

大好きな人に告白するときは好意を持った理由の整理が重要である。

「~だから、告白しました」こんな理由をきちんと整理して伝える事ができれば、ますます説得力と真実味が増すのが理由。

ちなみに・・・

—————————————————

録画がたまっていた、フジ「ボクらの時代」を観ていますが、清原亜希さんが出演してましたけど、離婚を既にされていたにせよ、なぜ旧姓に戻さないのでしょうか? たしか、元若乃花の花田虎上の妻だった花田美恵子さんも本名を旧姓に戻さないですよね。 結婚して、名字の名義を各所に申請して変更をしたから、また逆に戻すのが面倒?だとしても、戻したくならない?お子さんがいると、どうなの? 有名人だからこそ、戻そうとしないの?

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

今日以降は「こんな職業の男子/女子と出会っていきたい」「キレイな女性と友達になりたい」と誰かれ構わず言いまくりましょう。

あなたを心配した気の利く友人が、まずイケメンとの合コンをセッティングしてくれる筈でしょうね。

日常生活において顔を合わせた人がこれっぽっちも好ましいポイントが見当たらない時や全然異なる年代、挙句の果てにはあなたが女性で、相手が女性だったとしても、そういった出会いを発展させる事が肝心です。

驚く事に、恋愛がスムーズにいってる青年は恋愛関係で困惑していない。反対に、自分を追い詰めないから恋愛を楽しめているとしたが正しいよね。



恋愛するとき、ありがちな事でも「ありがたい」や「許してほしい」とそのときの感情を率直に伝える新鮮な感情をどんな出来事があってもしっかりと持ち続ける事が重要。

恋愛(れんあい)というのは、人が人に対して生じさせるロマンチックで仲睦まじい関係を欲する感情で、それだけでなく、相手への特別な感情に基づいた様々な恋心に満ちた表情やしぐさを伴う事が通常である。

「蓼食う虫も好き好き」というちょっとした皮肉も耳に入ってきますが、交際して間もない恋愛のまっただ中では、両者とも、わずかに霞がかっているような心理状態だと、多くの人が気付いている様だ。

では、今日も花田虎上関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

花田虎上






気になるヒトとデートしているとき、相手の隣に座ったけれど、相手との間にじゃまなバッグなどなんかをもし置かれるようなのだとしたら、それは拒絶の心の表れ。

今のところ心はひっかかりがあるというはっきりとした証拠。

「余裕がない」がお決まりの女の人は×。

「どんなときに誘っても時間がないという理由で間髪入れずに断られそう」と誘いたくても男性がデートの誘いを囁くのを迷っている確率が高い。

女の人からされた内容と同じ聞き返さない男性は女性にモテる事ではない。

女の人は質問した相手に同じ事を質問して貰いたくてそれを聞く。

自分の質問は同様に尋ねてほしいという生き物が女性なのだ。

耳寄りな情報!暗闇の心理的な効果は男性も女性もすごい!瞳が真ん丸になる事で、感情を知りたい異性が近づく。

たいてい人は、興味のあるものを見ると、じっと見ようとして、瞳が広がる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ