「イチロー」という幻想についてと恋愛成就

イチローはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

大好きな彼の気持ちを知って彼を虜にして彼にもっと愛される幻の恋愛講座
大好きな彼の気持ちを知って彼を虜にして彼にもっと愛される幻の恋愛講座
本気で全力で応援させて頂きます あなたを苦しみや悩みから抜け出させ、毎日笑顔で充実した日々を送ってもらえるよう、全力でサポートしていくことを約束します


今、もっとも手軽に実践できる手法ですね。

尚、こちらは当サイト推奨の鉄板情報はこちらです。
↓↓

>>■女性から深く必要とされ、心から信頼される、自信に満ち溢れる男性に、生まれ変わる方法【氷の世界】■<<


MLBマーリンズのイチローが大リーグ通算 3000安打まで後35本と接近してきました。 当初は第4の外野手という立場や昨年末の不調ね年齢的な衰えもあって今年中に達成出来るが非常に微妙だと思 っていましたが 可能性が膨らんで来ました。ここまで来れば詫び錆びの領域。何とか達成願いたい。 MLBにとって大リーグ通算3000安打はまだ 29人、2000年代以降は6人しか達成していない大記録です。 イチローにはもうひとつの大記録が目前にあります。日米通算安打でピートローズの持つ大リーグ通算安打最多4256安打まで後 13本。日米通算安打には意味が無いという見方もありますが、私は当初MLB3000安打よりも日米通算4256安打更新の方に価値を見出だしていました。 質問はアメリカ人でなく、日本のプロ野球ファンはMLB3000安打と日米通算4257安打 の時にどっちが話題になるか、また例えばその達成時の公式ボールがオークションに懸けられた時にどっちに高値が付くと思いますか? 私は日米通算記録のもう少し先にMLB3000 安打という大記録が見えている事が良かったなと思います。イチローのモチベーションにもなるだろうし。プロ野球選手残照の時までMLB最前線で立ち会えるイチローの凄さと精進に驚愕の日々です。毎日昼休みにGoogleでイチローと検索するのが楽しみでもあり不安でもある毎日です。 長文失礼しました。良かったら回答よろしくお願いします。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日もイチロー関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

【レーザービーム集】 イチローと城島のすごいプレー






「あばたもえくぼ」という言葉も知られている様だが、交際して間もない恋愛をしている期間には、2人とも、なんとなく浮ついた心境と言っても過言ではありません。

彼の側にいると幸福感を感じるな、心地良いな、とか、ふれあいを重ねながら徐々に「あの子を愛している」という感情を認識するのだ。

恋愛ではそんな時間が必要なのだ。

天の定めの旦那さん/奥さんは、各自が一生懸命引き寄せてこないままだと、探しだす事では不可能になります。出会いは、手繰り寄せるものだと分かりました。



恋愛というものは、孤独を感じている人が人りぼっちの孤独感を癒そうとする感情であり、と言う事では愛、それこそが現実の世の中で、もっと幸福に生活するための素晴らしい技だ。

猫派はドラマチックな恋愛を望んでいる。

猫というのは、当然だけど愛情を込めれば込めるほど飼い主のそばに来て、分かりあう事ができるペット。

だが現実には澄ました表情で、気分屋。

鏡の中の自分をじっと眺めている女性は自分の容姿が劣っていると思い込んでいる時が多いものだ。

こんな人にはしっかり「素敵だよ」とか「かっこいいよ」と長所を指摘してあげろ!

婚活サイトは、大多数のケースで女性の会費は無料です。しかしながら、男性と同様に女性もお金を支払う婚活サイトも現実にあり、真面目な真剣な出会いに飢えている人が沢山集まっている様だ。

惚れさせたい相手が体を悪くしてキツイときこそ心を込めてのフレーズや思いやりの感情を気づいてもらえると、なだれ込むように相手をラブラブにさせられると言う事を考えれば、いいタイミングである。

好意を持っている異性と一緒に過ごしているとき、あなたとよく似た動作をしているかしっかり見ておきましょう。

一緒に過ごしているとき、相手が意識せずにあなたと同じ事をするようなら脈ありのサイン。

男と言うのは陥落させたい人が自分にしゃべりかけている場面で会話している人の目を見る確率が高い。

男性に話しかけた時に男性の瞳をまちがいなく見つめてくれるかどうかが、惚れさせたいかどうかの分かれ目です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ