1978年の進行性乳がんと恋愛成就

進行性乳がんはひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

>>【多くの男性の悩みとリアルな女性の声を集めた女性の裏取扱い説明書 girls psychology】<<

驚きの情報!暗闇の心理的な効果はずば抜けている様だ。

あなたの瞳を大きくする事で、意中の異性が惹きつけられる。

人は、強く心惹かれるものに対して、しっかり瞳にとらえようとして、瞳がぐっと大きくなる。

一般的な人は普段の数メートルのところに彼がいる。

あなたの会社や日々からよくいくお店など身の回り数メートルのところをよく見て、自分の気になる人に迷わす告白して!言われてみれば現実的に落ち着いて想像してみればありえない絵空事かもしれない。

だがしかし、そうなれとか、現実的ではないと知っていても本心から夢見るのが恋愛に違いない。

ネット上のSNSや出会い系サイトから知り合ったカップルが、体の関係になるスピードはとても速い。

ネット上で内側から引き寄せられあっているので、後から直接会うと、隠す部分がない事が多い。

ちなみに・・・

—————————————————

歌舞伎役者の市川海老蔵さんが妻の小林麻央さんが進行性の乳がんで抗がん剤で治療中で 深刻な状況であると記者会見で言いました。 このことについてテレビ番組ではコメンテーターが 「麻央さんが進行性のがんであるなんて嘘であってほしい」と言っていました。 それには他の出演者も「絶対に嘘であってほしい」とうなずいて言いました。 それで、もし、小林麻央さんが進行性がんであるとの市川海老蔵さんの会見が全くの嘘で 小林麻央さんが全く病気無しの健康体で元気ピンピンで海外バカンスを楽しんでいたら マスコミはどういう反応を示すのですか? 「海老蔵さんの記者会見の内容が全部嘘でヨカッタヨカッタ」と番組のコメンテーターは言って 他の出演者も「進行性のがんが嘘で嬉しい今年一番の明るいニュースだ」と言うのでしょうか?

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

WEB上で人間同士が知り合いになる事にハードルが低くなった昨今、「人昔前、無料出会い系で不快な思いをした」「“悪”というイメージがある」など後ろ向きな印象を持っている人は、時代が変わった今こそ一度楽しんでみませんか?「気易い仲でもないボクに恋愛の相談を持ちかけてくる」という現実だけで決めつけるのではなく、前後関係を丁寧に確認する事が、その女子との交流を育んでいくつもりなら外せません。

マンツーマン英語教室や陶芸など趣味を持ちたいという願望があるのなら、それもしっかりした出会いに満ちた状態です。同性の友だちと同行せず、一人だけで行くほうが賢いといえます。



デートの日、別れる際はあえて引っ張る事をしないで、別れたくないはずの盛り上がった場面で振り切ってでも帰る事になれば、今度も誘われたらぜひ楽しく会いたいと思わせるのが当然である。

「にこに事笑っている=同意している」と言う事。

話をしているパートナーの自分に同意してほしいという欲求を満たせられる高度なテクニックなのだ。

自分のギャグや話を聞いてくれた人が笑ってくれるのなら嬉しいに決まっている。

「交際相手ができないのは、どこかにまだ課題があるって事?」。そんな事ではありません。例えて言えば、出会いがない暮らしをリピートしている人や、出会いのために重要なサイトの選別を曲解している人が大多数なのだというだけです。

では、今日も進行性乳がん関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

乳がん治療に光明!自宅で癌の進行を食い止める。






惚れさせたい相手がふさぎ込んでいる時はまさに自分の彼女にしたい相手の心を自分のものにするいいタイミング!相手に合わせて声質を使い分けろ!高い声なら元気を与え、低い声を使えば相対する人に安心する感じを与える事が可能になります。

愛する感情の中にはしゃべる言葉よりも多くの深い沈黙がある。

恋をしている男が彼女に対して優しく語りかけているとき、女の人は聞こえる言葉よりも沈黙に感動していると言える。

男性が泣くと女の人のハートをキュンとさせる事ができる事もあるが、泣いた状況によっては「とても魅力的の無い泣き虫男」に見られる不安もないとはいえない。

未来の恋人を逃さないためにもっとも大切な事では一体どんな事かと問い合わせられたら、私は自信をもって、絶好の機会を捉える事と答えると思う。

第二でも、第三でも迷わずそれだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ