きしめん 語源だけでご飯3杯はイケると恋愛成就

出会いの嗅覚を研ぎ澄ましていれば、来週にでも、社員食堂でも出会いは待っている様だ。必須となるのは、自分を大好きでいる事。どのような場面でも、持ち味を活かして光っている事が大事です。



きしめん 語源はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

男たちが普通に女性に夢見るもの、やっぱり第1位は 「優しさ」。

優しさというのは言い換えれば「思いやり」の事。

よくわかる行動の例は「譲る、誉める、喜ぶ」でしょうねね。

この3つの大切な言葉が欠かせない。

つまり空は女性の恋に例えられ、海というものは男性の恋である。

男性も女性も空の下と海の上とで地点に決して越える事ができない限度が実在している事に気がつかない確率が高い。

瑣末なところには合致しないけれど、間違いなく、恋愛というジャンルにおいて自分を追い詰めている人が多数いると思いる様だ。だとしても、それって大半は必須でもないのに悩みすぎだと様になります。

「縄張りをわけまえるテリトリー・シェア」という名の恋愛テクは、意識している男性の住居がある町のトークが開始したときに「私がすっごく訪れたかったカジュアルフレンチの店のあるところだ!」と言うという手段。

恋愛中の最もウキウキしている時は、言うなれば“ハッピー”を生成するホルモンが脳内に漏れてきていて、やや「非現実的」な雰囲気に変化している様だ。

与えあう事が当然の二人の恋愛は長続きするものだ。

たいていの人は「こちら一人で心理的な報酬を与えられている状態は嫌いだ」と思う時が少なくない。

違う言葉でいえば、「受けたお恩義はどうしても返したくなる」と言う事である。

今までの飲み会や合コンと呼ばれる古い名前は陳腐で、聞いてられない。

女性を本気で誘うときは『おお食事会』だとか『イベント』といったものを口実に招待したほうが、女性も自然に応えやすい。

恋愛に忘れてはならない大事な事がらは一体何かと確認されたら、私は迷わず、気を抜けないところをとらえる事と回答すると思う。

第二も同じ、第三も変わらないやっぱりそれだ。



恋人を愛する感情が少なくなるにしたがってオキシトシンという難しい名前の物質が体内で作られ、物質の影響で体が硬くなる。

彼氏の手を握ってみて柔らかさを感じなければ異性を愛する感情がなくなったサインかもしれない。

「犬好き」な人は喜怒哀楽の表現が豊かなパートナーであってほしい。

思いを込めた分だけ自分のほうに応える、そうやってもらえる自分好みの恋する相手を求めてしまう時がある。

「いつ見てもたった人りで人りで行動していると認識されている女性」は『人りぼっちの世界を壊さないで』という無言の強いゆるぎない威圧感があり、近づきにくいと感じる。

相手をいとおしく思う感情というものはいうなれば義理の鎖だけで維持されているのだ。

そして当然ですが人間の感情の基本は少なからず悪であるから、義理の鎖でつながった関係なんか自分の感情の基本でいつでもたち切る事ができる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ