中村健太郎が許されるのは20世紀までだよね?と恋愛成就

10代の男子が女子に恋愛の相談を提言する際には、意中の人というにはおこがましいかもしれないけど、男の心境としてはセコンドぐらいに気になる人という地位だと感じている事が大方です。



中村健太郎はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

惚れさせたい相手が不安になる病気などで弱っているときは特に本当に心配してかけたフレーズや心配しているんだという感情を分かってもらえる事ができたら、苦も無く相手を射止める事ができるゆえに、好機である。

とにかく異性と知り合う事が大切。

相手を知る事ができれば相手を愛しあうようになる事間違いなし。

そうして恋人と愛し合えれば、相手を支えあうようになるのだ。

異性の知り合いに恋愛の相談に乗ってくれと頼んだら、いつしかその仲間同士が両思いになる、という事態は住む場所に関わらず星の数ほど散見できる。

学生の頃からの環境の変遷に慣れず、別段、特別な事をしなくても「近いうちに出会いがあるはず」などと侮っているから、「出会いがない」「クールな男の人なんてどこにいるの?」などと悲観的になってしまうのだ。

「誰よりも好き」という状況で恋愛を実行したいのが女子特有の心理ですが、突然男女の仲になるんじゃなくて、真っ先にその異性の“内面と向き合う事”に集中しましょう。

では、今日も中村健太郎関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。








人間にとって恋愛(れんあい)は、人間が他の人に対して抱く心を許しあって心から親しい仲になりたいと考える感情でそれに加えて、相手への甘い感情に基づいた多くの恋慕で一杯になった表情やしぐさを伴う事がしばしばある。

男性の愛には聞こえる言葉よりも多くの大切な沈黙がある。

熱愛中の恋する男が彼女に対して熱く語りかけるとき、女の人は男性の言葉ではなく沈黙に感動しているのが普通なのだ。

男性の愛には話す言葉よりも沈黙があるのだ。

だから恋する男が彼女に対してそっと優しく語りかけるとき、女性は話声ではなく沈黙に惹かれている事ばかり。



ただ女性が、男の会話に本気で傾聴する事。

「そうなの?なんて素敵、それからどうなるの?」と瞳を輝かせながら目標を感情が満たされるまで聞いてあげる事。

たったそれだけで合格。

もう昔の過去の恋をひきずるなら、まだとってあるもので好きだった人との恋愛を思い出させるようなものは捨てて!できないなら売り払うべし!これは重要な鉄則、必ず実行。

いかにして“女性っぽさ”を相手に届けるのかが欠かせない基準であり、全てと言ってもいい。

男性にとても魅力的的に感じさせようとする女性の感情に男性は心を奪わるものだ。

終わった過去の恋愛の思いでをひきずるなら、あなたの身の回りにあるどれもこれも恋人との記憶を思い出させるようなものは捨てて!捨てるのが嫌なら売ってしまえ!!これは重要な鉄則です。

必ずする事!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ