新ジャンル「ナスの語源デレ」と恋愛成就

「出会いがない」などと悲嘆している男女は、事実を見てみると出会いがないはずがなく、出会いから逃げているという現実があると言えます。



ナスの語源はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

鏡の中の自分をじっと眺めている、そんな人は自分に自信がないと感じている事が少なくないのが現実。

こんな自信のない人には自信を持てるようしっかりとした言葉で「かわいいよ」とか「いい表情だよ」と知らせてあげる事が必要。

つまりあなたとの会話の最中に、親しくなりたい相手が、あなたの瞳をしっかりと見つめた上で全然瞬きをしないようであれば、いい感じのかも、という確率が非常に高いでしょうね。

恋人との間では、どんなくだらないと思うような事でも「感謝してるよ」や「失敗だった」とそのときの心の中を正直に伝える初めのころの心を長く付き合っていてもしっかりと持ち続ける事ができなければならない。

心安い関係の女の飲み友だちから恋愛の相談に乗ってくれと頼まれたら、有効的に終わらせないと、喜ばれるどころか反感を抱かれてしまうシチュエーションも少なくないそうなので留意して下さい。

日常の中の中で顔を合わせた人が1%も好ましいポイントが見当たらない時や全然似合わない年齢層、更には男性同士であっても、最初の出会いを持続するのがポイントです。

知っている人は知っている。

恋愛にはスムーズに事が運ぶ確実な手順が見つかっている様だ。

女性に積極的になれないという男性でも、真っ当な恋愛テクに挑戦すれば、出会いを創出し、苦労せずに順調にお付き合い出来るようになります。

近づきたい異性の恋人の存在についてスマートに問いかける手順!1軽いデート(映画とか)に連れ出してみる。

次の段階は2さらりと「恋人とはあまり出かけないの?」と聞いてみて。

女性は聞き役になるよりも自分が相手に話を聞いてもらっているのが好き。

女性を差し置いて自分の事ばかりやむ事なく話し続ける男性はただのKY。

考えて必ず話役になる事を好むものな女性に聞いてみる事が気を付けるべき点。

「常に自分だけでひっそりと単独行動している社交的ではない女性」は『私人りだけの世界を誰も邪魔しないで』という不気味な無言のプレッシャーがあり、近づきにくい心に感じる。



「笑顔、つまり肯定している様だよ」と言う事。

話を聞いてほしい相手の自分の事をを認めてほしいという感情を満足させる事ができる技術。

自分のくだらないジョークやなんでもないような話を聞いてくれた人が笑顔になっていただけたら喜ばしい。

「近頃の若い人たちはどんなものでも手に入るからどうだこうだ」とあちこちで評される。

けれども、望めば何でも手に入る」というのは相当の勘違いだ。

すぐれた彼氏あるいは夫、彼女あるいは妻などの相手はまれにしか掴み取る事ができない。

さらりと「そっと肩をたたく」又は「そっと肩に触れる」はさりげない「Body touch」と言えます。

したがって「近接な55センチ以内へのさらっとした侵入」と考えて「汚れていない清潔感のある惹きつける匂いを漂わせる」事が大切です。

悪童理論なる理論を御存じか。

普段はやさしさに欠け、四六時中大切なはずの恋人をがさつに扱っているのに、時たまにのぞかせるあたたかい心に彼女である女性はグラっときてしまうという現象なのである。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年8月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ