渡部建 ネット見ろは一体どうなってしまうのと恋愛成就

渡部建 ネット見ろはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>NET SPIRAL ※ネット出会いノウハウ ■先着200名 プロフィール制作無料プレゼント付き!<<

恋人への愛情だけが二人の心と心を留めている。

他に何も求めない二人だからこそどちらも恋人に、決していい加減にはできない。

この緊張感が二人とも磨くと言えます。

恋をしているときにはどんな人でも、相当身近に、そうにもかかわらずいくら求めても成就する事がないとてつもない幸福が存在するような気配がする。

加えてその幸せは、ただ人つの言葉、人つの笑顔にのみ運命を決める。

バッドボーイズ(悪がき)理論を御存じか。

やさしさに欠け、よく大切なはずの恋人を乱暴に扱っているのに、ときおりのぞかせる優しさにパートナーはラブラブになってしまうと言う事。

ちなみに・・・

—————————————————

20歳の地方に住む女子大学1年生です。 精神科に行きたいのですが、親に何と言われるか怖くて言い出せません。17歳のときに対人関係でトラブルがあった際、精神的に落ち込み、何もしなくても胸 が痛む状態が続いたことがあります。学校を休んだり保健室登校をしたりしながらなんとか卒業しました。その間に、親に胸が痛むことを伝えたところ、心電図検査やエコー検査などをして調べ尽くし、1度だけ神経内科に行きました。弱い心臓神経症だと判断されて、お薬(精神を安定させるための薬と言われましたが、調べてみたところただの整腸錠で、「薬を飲むこと」で安心させるために処方したようです)を出されただけでした。その後、卒業して浪人している間は最小限の友人と交流を持つだけだったこともあってか割合穏やかに過ごしていました。 しかし、今年大学に入学して過ごすうちに、また以前のような精神状態になってきているように感じます。3年前に癖になっていたアムカもまた少ししてしまっています。私は社交的な性格でないため友人も少ないです。そんな数少ない友人にも「あんたはメンヘラだよねw」と言われている始末で、その言葉を後になって思い出したりするだけで泣いてしまうのに、実際その場面では笑うことしかできません。家族との会話でも、ちょっとしたことでも自分の気持ちが制御出来なくなるほどにヒステリックになってしまうこともあります。父親も結構怒りっぽい性格で「そんなことで怒るなんて頭がおかしいんじゃないか?」など言われたこともあります。その時は「どうせ私は頭がおかしいよ!」と怒鳴ってしまいました。 最近、おかしいくらいにやる気がないです。自分で言うのもおかしいですが、中学と高校は県内トップの学校に通っていて、高校半ばまでの私は確かに「頑張れて」いたんです。しかしもう今は単位を4つも5つも落とす程、人並みにも頑張れていません。学費を親に払ってもらっている身分であるにも関わらずまだそのことも言えていません。再試も、「もう単位を落としてもいいや」「大学やめたい」という気持ちが沸いてきて結局受けられませんでした。父に単位の部分を除いて、「頑張れなくなった」旨を伝えたこともありましたが「高校でサボリ癖がついたんだ」と一蹴されてしまいました。本当にそうでしょうか?お恥ずかしい話、幼い頃の私はただ親に褒められたくて勉強していました。今は、何も目的がありません。なりたい夢もありません。自分がどうしたいのかも分からないです。 こういったお話をここに書き込んでいる時点で自分はおかしいのかとも思います。「精神科に行くこと」で「頑張れない言い訳」を作りたいだけなのかとも思ってしまいます。 長くお話してしまいました。どう、親に話せば良いのでしょうか。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

運転免許証などの提示はマスト、お酒の飲めない年齢の人は不可、男の人はプータローはダメなど、容易に入れない婚活サイトは、真剣な出会いを待っている男女だけが審査されて利用する事になります。

マンションから歩み始めたら、その場は立派な出会いのフィールドです。

いつもこのようなイメトレを実践して、自信に満ちた行いと晴れやかな表情で男性/女性と語り合う事で人生も変わります。

がつがつくる肉食系のウェブライターの一例として、オフィスから、ふらりと入ったこじんまりしたバー、発熱で行った総合病院まで、意外なところで出会い、恋愛に発展している様だ。



果てしなく高い空は女の恋のようなものであり、そして深い海は恋する男の感情のようなものである。

男性の恋も女性の恋も空の下と海の上とで最後に越えられない上限も加減も置かれている事に気がつかない可能性が高い。

恋愛とはどんなものかを考えると、人間が他の人に対して抱くロマンチックな感情でアツアツな関係を欲する感情で、その感情以外に、その強い感情に基づいたさまざまな恋慕で一杯になった態度や振る舞いを伴う事がふつうである。

仕事関係の知り合いや、花束を買いに行ったフラワーショップなどでちょっぴり対話した方、それも立派な出会いで間違いありません。そういったタイミングで、男として、女としての自覚をさっさと消そうとした経験はありませんか?

では、今日も渡部建 ネット見ろ関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

アンジャッシュ渡部建さん(43才)さんが2016年七夕の「ダウンタウンDX」で「噂の彼女とついに結婚?」






「浮気もできない男が、ウソつかないでよ」のようなひどすぎる言葉を彼氏に向かって口に出すと、カチンときた彼氏は「ふざけるな!誰とでも浮気してやるよ!」と言葉には出さずに感情を変えてしまう。

「にこに事笑っている=同意している」と言う事。

相手となる人の自分を肯定してほしいという欲求を満足させてあげる高度なテクニックである。

あなたの話した冗談や話をきいてくれて笑ってくれるのなら喜ばしい。

特別な人でなければ愛というもののとらえ方を「愛する」というクエスチョンや、「愛する立場としての能力の評価の問題」としてではなく、「パートナーから愛される」という考え方として判断している様だ。

支えあう関係の二人の恋愛は長続きすると予想される。

ほとんどの人は「一人で大切にされている関係をさけよう」とする時が多い。

言い換えて表現するとすれば「恩を与えられたら忘れずに返したくなる心理」が働くと言う事である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ