タキソールについて真面目に考えるのは時間の無駄と恋愛成就

タキソールを検索されているあなたに朗報です。
当サイトは恋愛情報紹介サイト。
ちょっとこちらを見て下さい。
↓↓

恋愛力養成講座
恋愛力養成講座
   普通、本当に効果があるんなら”独り占め”するもんじゃないの…?  ”独り占め”という考えは、恋愛に不利に働きますなぜなら、愛情と知識は複利で増えるからです


販売者さんの自信が伝わってきますよね。

尚、こちらは当サイト推奨の鉄板情報はこちらです。
↓↓

>>■半自動的に女性の恋愛感情が乱れる<出水聡 ESCALATION><<


母親(68歳)が乳がんになり7月末に手術を行いました。 現在放射線を行っており、終わった後に抗がん剤の治療を行う予定です。 どのような抗がん剤が良いのか、なかなか判断付かないため、 もしアドバイスいただけると大変助かりますのでよろしくお願いいたします。 乳がんの大きさ:13mm(手術は部分切除です) ステージ1でリンパ等への転移なし 乳がんのタイプはトリプルネガティブです 母親はリウマチの持病があります トリプルネガティブの場合予後があまり良くないのと 抗がん剤しか効果がないとの事です。 現在主治医の先生から提案いただいている抗がん剤は ①アンスラサイクリン系(EC療法、ファルモルビシン+エンドキサン)を4クール ②タキサン系(タキソテールではなく副作用がマイルドなタキソール)を4クール ①+②を行うのが術後の治療としては理想であるとお話しいただいています。 ただ腫瘍の大きさが小さめだった事、リンパ等への転移がない事、 また母親がリウマチの持病があること等を踏まえて、 ①を6クールまたは②を6クールという選択肢もあるとお話しいただきました。 家族としてはしっかりと治療してほしいという思いがある反面、 出来れば抗がん剤の投与は少しでも短いほうがいいとも思っています。 以上宜しくお願いいたします。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日もタキソール関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

【驚愕】小林麻央 抗がん剤タキソールの副作用がつらすぎる・・・






予め相手に好意を抱いていないと恋愛ではないよね!という意見は勘違いで、今すぐでなくても自己の感情を静観している事をご提案します。

誰かと付き合いたいと想像しても、出会いがないなどとため息をついているのなら、それはあなたが一人よがりに創造した好きな人とリアルに出逢うための手順が適していない事が様になります。

無論、愛しい感情がみなさんにもたらすパワーの凄さからくるものだが、1人の男女に恋愛感情を覚えさせるホルモンは、24カ月から60カ月ほどでにじみ出てこなくなるという意見も聞かれます。



陥落させたい相手が不安になる病気などで弱気になっているときこそ心を込めてのフレーズや思いやりの感情を分かってもらえる事ができたら、あっという間に相手を惹きつける事ができるゆえに、これはここぞというときである。

何より最初に相手を見つける事!相手を見つける事ができれば相手を愛しあうようになる事になります。

そうして互いに愛し合えれば、お互いの事を支えあうようになる事間違いなし。

自然に行う微妙なタッチ技、「あのね、手のマッサージをすると、ものすごく感情いいんだよ!」こんな感じで相手の手を取って、さらりとマッサージしてあげると効果あり。

そこから恋愛がすべりだす事があるかもしれません。

社交性をもって、分け隔てなく参加してはいるものの、ここに至るまで出会いがない、と後ろ向きな人々は、偏った考えがすご過ぎて目逸しているだけとも様になります。

意中の人に近づくためには、その気になる相手が唯一の存在だと言う事を考えさせる言葉を積極的に言ってみると効果あり。

例えば「あなただけに特別」とか「オンリー」のと言うのが一つのテクニック。

相手への愛情が少なくなると聞きなれないオキシトシンという物質が体内でわずかながら分泌され、分泌の影響で体が硬くなる。

彼氏の手に触れた際、フィット感がないと感じたら相手をいとおしく思う感情がなくなったサインなのである。

口づけの時間が短くなっているなら他に好きな人がいる事の裏付けかも?!いくら上手にウソをついても、正直なのは体。

ピンと来たら遠まわしに聞いてみなさい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ