ワシはバスケットボールの王様になるんや!と恋愛成就

バスケットボールはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓



まるで夢のような話ですね。

ちなみにこっちは成果確認済みの情報です。
↓↓

>>リア充ラブストーリー 1年で男女の友人40人を作り上げ、圧倒的な温かいカリスマ性を持ちつつ女性にモテるリア充生活の作り方<<


今年高校生になったばかりで、小、中と男子バスケットボール部で、高校からは演劇部と男女混合の部活に入りました。 それで、男子の先輩や同級生とはすぐに仲良くなり、女子も時間はかかりましたが夏休み前には自分では仲良くなれたと思っています。 で、文化祭が6月にあってその前に幼稚園に劇を見せることになりその時に同じメンバーになった同級生の女の子とすごく仲良くなってお互いに気を遣わなくていい友人となったのですが、夏休みに入ってお互いの誤解というか勘違いうか……まぁ、ゴタゴタがお互い疎遠になってしまいました(部活にはお互いちゃんと来てましたが全く会話しませんでした) しかも、その時に僕はその子のことを好きになっていたことに気付きましたL(゜□゜)」 疎遠になったいる間にその子は同じ部活の小学校から僕の大切な男友達と仲良くなってしまっていて、夏休みが終わる前に仲直りというか誤解は解けて映画に行ったりしたのですが、文化祭の前のような良い雰囲気は無く…まぁ、これでいいかなと妥協していたら 9月の末に体育祭があり、その体育祭に向けて好きな子とその男友達が2人で夜に浜で走ってるわけですよ 最初は別にいいかなと思ってたのですが、それに僕も誘われた時に2人が仲良く2人乗りしてるのを見て嫉妬しちゃったんですよ。付き合ってもないのに。 もし、2人がこのままさらに仲良くなって付き合うことになってしまうと個人的にはかなり複雑です。 どちらも好きだけど、絶対に羨ましく妬ましいとなってしまうのです。 さて、私はどうすればいいのでしょうか このまま黙って見てればいいのか それとも何か行動するべきなのか、行動するなら何をすべきか

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日もバスケットボール関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

県中学体育大会バスケットボール 女子 決勝のブザービーたー






女性の心理学の調査結果によると、吊り橋効果という事象は恋愛の始めのほうにピッタリの手順です。

好きな人に原因不明の恐怖や悩みといったマイナスの思いが伺える際に扱うのがベストタイミングです。

女性の仲間内で遊んでいると、出会いは想像以上に見当たらなくなってしまいる様だ。

友人と過ごすのは良いですが、稼働日の空き時間や安息日などは可能な限りあなただけでいると世界も変わります。

対男性で見て女性の人数の方が格段に多いサイトに頼りたいのなら、確かにお金はかかりますが、ポイント制や定額制で安心のサイトを見てみると効率的です。ともあれかくあれ無料サイトで勘所について覚えましょう。



いかにして優しさ、癒し、包容力といった「やさしい女らしさ」を相手に伝える事ができるかが必要であり、それで十分なのである。

とても魅力的のある女性に思ってもらおうとする姿を見て男はほれてしまう。

注意してみて下さい。

あなたとの会話をしているときに、口説きたい相手が、あなたの目をじっと見つめてまばたきする事が少ないなら、いい感じの可能性が濃厚と言う事。

そういえば現実のものとしてよく想像してみれば甘えた絵空事かもしれない。

けれど、そうなってとか、現実的じゃない本当は知っていても真剣に夢見るのが恋愛に違いない。

恋愛話を楽しみたいのに「出会いがない」と嘆いたり、付け加えて「どこを探しても私にふさわしいオトコなんていない」とくだを巻く。そんな暗~い女子会になっていませんか?

女性が会話を楽しんでいる途中なのに、枝毛を見つけているように見えた事ではありませんか?もし相手が異性ならば、リラックスしようとしている、違う表現をするならば、恋愛感情が存在する可能性だって考えてよいと言う事。

明るく微笑みを向ければ、相手をモノにしたいという心の中を目立たないよう伝える事ができる。

自分の彼女にしたい相手にもその感情を分かってもらえる事ができ、あなたを好きにさせる。

好意を持っているカレをあなたのほうに振り向かせる手順は1分TELが効果があります!キリの良いところがきたら自分のほうからTELを切る。

そこで「どうして?もっと話そうよ」と男性からお願いされたら、次の機会につなげる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ