不思議の国の3月のライオンと恋愛成就

3月のライオンを検索されているあなたに朗報です。
当サイトは恋愛情報紹介サイト。
ちょっとこちらを見て下さい。
↓↓

女性にもてる為の恋愛マニュアル
女性にもてる為の恋愛マニュアル
女性にもてるための恋愛マニュアル お申し込みはこちらからお願い致します 特定商取引に基づく表記


まるで夢のような話ですね。

ちなみにこっちは成果確認済みの情報です。
↓↓

>>LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~<<


一般財団法人 全国福利厚生共済会 プライム倶楽部について。 最近主人が友達のツテでここのビジネスの 話を聞き、はまりそうで恐いです。 月4000円でいろいろとサービスが 受けられるら しいのですが、サービスも決して 安くない上にマルチの業務形態が私は納得できず、、、 ネットで評判を見たり、私の父(大手企業の 上の方なので何かと詳しいと思い)に いろいろ聞いたりしても聞く耳持ちません。 サービスの1つとして保険の個人限度額が 3億と書いてありますが、どこの保険会社でも そんな金額はありえないと父が言っても ライオンクラブからボランティア活動で 認められて??か何なのか限度額が 1億だったのが全国初3億になったと返され、 少額保険登録業者一覧をみても、東京の 日本共済株式会社はのっていますが プライム倶楽部提携の加古川の日本共済株式会社は 載っていません。 配られたパンフレットも特定商取引第37条第1項に 基づいてるから違反するわけがないと主人は言いますが 父に聞くと「書けるのは何でも書ける。嘘は 書いていないだけで、書いてあること全て 本当に申請したら通るかといったら分からないだけ。」と言いました。 主人に何言ってもプライム倶楽部の会員に 電話して知識えて、また言い返してきます。 家族のために少しでもお金をしのぎたいと 思ってるのに何で分かってくれないと 言われるのですが、話していると疲れてきます。 どなたか何か知ってることあったら 教えて頂きたいです(._.)

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も3月のライオン関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

RE-MENT March comes in like a lion Hinata’s Favorite リーメント 3月のライオン ひなたのたからもの 全8種類






「縄張りをわけまえるテリトリー・シェア」という名の恋愛テクは、相手の住まう土地にお題が変わったときに「私がすっごく訪れたかったフランス風大衆食堂のある土地だ!」とビックリするという行為。

恋愛トークをしたいのに「出会いがない」と愚痴ったり、さらに言えば「どこにも理想のオトコはいないんだ」と吐き散らす。

考えるだけで最低な女子会を開いていませんか?

交際中の女の子や付き合っている人のいる男子、パパママや破局直後の人が恋愛の相談を提言する時には、その相手に恋している可能性が相当あります。



うまく誘えた日、帰り際は、あえて引っ張る事をしないで、その日で一番の時間帯で進んで離れ離れになると、今度のチャンスもぜひ楽しく会いたいと思わせるという現実があります。

恋に夢中の人はウソはつきたくない。

時によっては心を込めた恋だからこそ嘘だって有りうる。

罪のない小さな嘘はそのつくほうが大切な人を幸せに過ごさせる事が少なくない。

自分が大切にしている動物を使うと、その人の自慢は何かを探る事が可能。

ペットと飼い主は似るもので、人間から見ても、長く飼っているペットはその人の化身であるという不思議な存在と言う事です。

恋愛に関しての悩みは様々だが、大きく分けて自分とは違う生への生得的な拒否反応、畏敬の念、相手の望みを掴み取れない悩み、Hについての悩みだろうと推測している様だ。

雰囲気のないところでは女性にアプローチする事ができない、そんな男は“男性性”が不足していると推察できる。

もしも“男性性”が十分あれば雰囲気を作らなくても、どんどんいけるし、女性から男に近づいてくる。

二人が顔を見る機会を増やせば、増やすほど男の人はあなたをますます口説きたくなる。

すでに実証済みの女性の心理学的な理論です。

あいさつだけでもいいから、少なくとも1日1回は、お互いの顔をあわせて!感情を知りたい男が何か飲み物をのんだら、自分も飲む。

ちょっと頭をかいたら、自分もちょっと頭をかく。

右足を組みかえたら、自分も右足を組みかえる。

こうやって相手の真似を続けているだけで素敵だなと思っている相手に親近感がわく事がしばしばある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ