LOBROSからの遺言と恋愛成就

LOBROSはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>「また会いたい」と思われる フレンドリー・アプローチ・メソッド WL-A141<<

猫派だという人はドラマチックな恋愛をしたいと思っている。

猫の特徴は、むろんかわいがり方に比例して主人にどんどんなつき、離れがたくなるペット。

けれども実際クールフェイスで、お天気屋なのである。

何と暗闇の心への効果は強烈!瞳を広げる事で、いいなと思っている異性が好意的になる。

生き物としての人間は、恋愛対象に対して、しっかり見つめようとして、瞳を大きくする。

恋人との間では、どんなくだらないと思うような事でも「助かったよ」や「許してほしい」と考えている事を忘れずに口に出すあのころの感情を何があってもずっと忘れない事が最も大切である。

つまりロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる者どうしの禁断の愛が燃えるのは、家族や友達からの余計な干渉が固い心の結びつきの二人をいっそう固くしてしまうという心情が作用すると言う事である。

ちなみに・・・

—————————————————

知恵袋ニュース カフェ・レストラン「LOBROS」などを展開していたジャパントータルロブロス(株)が民事再生法を申請 東京商工リサーチ  ジャパントータルロブロス(株)(TSR企業コー ド:332073785、法人番号:9010401061334、港区芝浦3-20-9、登記上:港区海岸3-3-12、設立平成16年9月、資本金3500万円、代表者:坂井克郎氏ほか)は9月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は郡谷大輔弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-7228)ほか3名。監督委員には高木茂弁護士(銀座法律会計事務所、中央区銀座4-10-3、電話03-6228-4487)が選任された。 詳細、引用↓ http://news.yahoo.co.jp/pickup/6215838

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

「ほんとに大好き」という気分で恋愛を開始したいのがティーンエイジャーの特質ですが、勢いに任せて交際に発展させるんじゃなくて、何よりその方を“真剣に知ろうとする事”が重要です。

異性の飲み友だちに恋愛の相談に乗ってくれと頼んだら、自然な成り行きでその2名がカップルになる、という実例は都会でも田舎でもしきりに現れている。

男性陣も気がかりに思わずに、無料で出逢うために、巷で流れている話や出会い系の報が大量にあるサイトで高い評価を得ている出会い系サイトを覗いてみて下さい。



顔を見る回数が増えるだけで、男性はあなたの事をどんどん好意的に思っていってしまう。

これは実証済みの基本的な女性の心理学現象なのだ。

短くてもいい、忙しくても1日1回は、互いに目を見つめあおう男の特徴として、コミュニケーションをとるのが下手なもの。

女性を「からかう」行為を、意識せずにチョイスしてしまっている。

実際のところ、からかうという動作でコミュニケーションをうまくとる事ができない異性との接点を持つ事ができる。

恋愛の相談ではたいていの時、相談を切り出した側は相談を切り出す前に感情を見極めていて、単純に決心のシチュエーションが不明で、自分の苦悶を紛らわしたくて会話していると様になります。

では、今日もLOBROS関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

The LoBros – “Closely Dancing”






実は現代で、優秀なDNAを持つ若者が減っている。

それだけではなく若い男性の精子量が減っているというのである。

こういうわけだから優秀な遺伝子を持つ年の離れた男性を女性は追い求める。

これがいわゆる年齢差婚の原因。

恋に夢中の人はウソをつくのは嫌だ。

時によっては相手を思いやるための嘘だって少なからず存在する。

罪のない小さな嘘はむしろ嘘をついた彼(彼女)を幸せにするものである。

「時間がない」が口癖の女性はモテないものだ。

「せっかくデートに誘ってもデートのひまがなくてダメといわれそう」と自信がない男性が告白するのをためらっている可能性が高い。

恋の最中の人はウソをつくのは避けたい。

時によっては本心からの恋のためのウソと言う事も有りうる。

罪のないウソはつく事でウソをついた事で大切な人を幸せにする事が少なくない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年9月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ