モンスト メンテナンスが嫌われる本当の理由と恋愛成就

モンスト メンテナンスを検索されているあなたに朗報です。
当サイトは恋愛情報紹介サイト。
ちょっとこちらを見て下さい。
↓↓

>>■女性から深く必要とされ、心から信頼される、自信に満ち溢れる男性に、生まれ変わる方法【氷の世界】■<<

恋愛ができないのは、自己評価がうまくできていない証明なのである。

自分の評価が高すぎると恋愛のために越えなければならないハードルを越えられなくしている。

自分の評価が高すぎないようにしている人は、越えなければならない恋愛のハードルを低くする結果になっている事がわかります。

「次の機会にどこか飲みに行きたいなあ」と質問したとき、「将来はイケたら」とその相手から返答が送られたら、普通ならば無理。

拒否するような、それ以外だと謙遜した反応が、女のとても魅力的をアップさせるという事実がはっきりします。

逆に、すぐデートしたのでは、女性としてのとても魅力的低くするのだ。

イケメンというのは実際には、「だらしない男っぽい」「女の人を選び放題じゃないの?」「きっと沢山の恋愛してるよね」こんな風に思われて意外とモテない。

ほとんどの女の人の告白する対象から除かれてしまう事が実は多い。

ちなみに・・・

—————————————————

たくさんの方が質問されてますが、不安なので質問させてください。 現在、3回目の妊娠をしている30歳女性です。 最初の妊娠は、心拍が7.8週ごろになっても確認されず、自然流産もなかったため、掻爬手術を行いました。この時は微量ながら出血が毎日続き、何より体調が悪かったのでダメなんだろうなという覚悟は出来ていました。 その約4ヶ月後2回目の妊娠がわかり、無事に出産し、現在1歳9ヶ月になる息子がいます。 先週3回目の妊娠が発覚し、最終生理日から計算すると今日で6週0日、軽いつわりのようなものも発覚直後から続いたので本日受診したところ、胎嚢は9.7mm、中にうっすらと輪っかがあるぐらいで心拍は確認出来ませんでした。 医師には前々回のことがあるから何とも言えない、ひとまず来週またみるからと言われかなり落ち込んでいます。 今回は船酔いのような気持ち悪さはあるものの、仕事は普段通りこなし、出血もなく白いオリモノが時々出るぐらいです。 もちろんまだ望みは捨てていませんが、前々回の掻爬手術の虚しさと痛みを思い出すだけで涙が出ます。 同じご経験をされた方で何かアドバイス等頂ければ幸いです。よろしくお願いします。 追記:基礎体温を測っておらず、正確な排卵日はわかりかねますが、だいたい毎月28日周期で生理がきています。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

恋人を見つけたいと思い描いているものの、出会いがないなどと悲しがっているとすれば、それは自分が勝手に構築した好みの人物像をリアル社会で見つける、その見つけ方がただしくないと想定します。

男子を釘付けにして「好きです」と言わせる手引から、彼氏との素敵な会話術、それだけでなく、妖艶な女性として生きるにはなにを意識すればよいかなど、多種多様な恋愛テクを解剖していきます。

まっすぐ帰るなんて事ではせず、のべつまくなしに出向いているものの、数年も出会いがない、とひがんでいる人は、偏った考えにばかりとらわれて見流しているだけとも言えます。



カフェなんかでコーヒーを楽しんでいるとき、「私たち二人って、お店にいる人たちにはアツアツに見えるかな?」と恋人に囁いてみよう。

彼女のこの大胆な言葉をされてしまった男性は、びっくりするに違いない。

「笑顔=認めている様だよ」と言う事。

聞いてほしい人の自分を認めてほしいという感情を尊重して満たせられる高度なテクニックである。

あなたのくだらない冗談やなんでもない話を聞いてくれた相手がにこに事笑顔になってくれたらとっても嬉しい事です。

女子向けの雑誌で記載されているのは、あらかた編集者の嘘八百の恋愛テクといって間違いありません。こんな文言でその男の人と恋人同士になれるなら、世の女性たちは恋愛で泣かずにすみますよね。

では、今日もモンスト メンテナンス関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

[モンスト]お詫び ☆5確定ガチャ サブとメインの2回[ガチャ]






近頃では、優秀な遺伝子を持つ若い男性がだんだん減っている。

それだけではなく若い男性の精子量がだんだん減っているらしい。

こういうわけだから遺伝子が優秀な年配の男性を女性は望む。

年齢差婚はこうして生まれる。

控えめに「そっと肩をたたく事」又は「肩をそっと触る」はさりげない「Body touch」です。

なので「近接な55センチ以内への自然な侵入」と考えて「清潔感を感じさせる匂いをほのかに漂わせる」事が大切です。

いつも忙しいと言う事が普通の状態のそんな女性はモテない。

「せっかく声をかけてもデートのひまがなくて振られそう」と誘いたくても男性が口説くのを悩んでいる事が考えられる。

たいがいいわゆる「ガードの堅い」女友達というものは、確実に理想的な男性に出会っても仲間に入れてあげずに、男性との巡り合い邪魔して台無しにしてやろうとする時が多い。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ