子どもを蝕む「箱根駅伝予選会脳」の恐怖と恋愛成就

昔からの感情の切り替えが難しく、頑張らなくても「近い将来、出会いがあるはず」などとあぐらをかいているから、「出会いがない」「私は結局、オシャレな男の人とは無縁なんだ」などと心が暗くなってしまうのだ。



箱根駅伝予選会はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

多くの人が利用しているSNSや出会い系サイトから恋愛の方が、体の関係になるスピードはとても速い。

内側から出会うものなので、本人同士が会うと、安心して本心を許しやすい時が多い。

ネット上のSNSや出会い系サイトから知り合ったカップルが、体の関係になるスピードはとても速い。

ネット上で内側から引き寄せられあっているので、後から直接会うと、隠す部分がない事が多い。

ランドセルを背負っていた頃からずうっと女子しかいない学校だった女からは、「恋愛を夢見すぎて、女子大に通学していた際は、あいさつする程度の異性を瞬時に自分のものにしたいと考えていた…」なんていぶっちゃけトークも発表されました。

ポイントを買って利用するシステムのサイトや男だけにお代がかかる出会い系サイトがある事では否定できません。

そんな中でも現在は男性も女性と同様に一から十まで完全に0円の無料出会い系サイトもいろんなところで見られる様になります。

無料でメールを使用して容易な出会いがあるなどと標ぼうするいかがわしいサイトはいくつも蔓延している様だ。

訝しいサイトに参加する事だけは、確実にしないよう見る目を養って下さい。

では、今日も箱根駅伝予選会関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

2011年箱根駅伝予選会5km






つまり拒否的な、それ以外だと内気な性質が、その人自身のとても魅力的をアップさせるという事実がはっきりします。

反対に、いとも容易に相手の誘いにのるようでは、女の人としてのとても魅力的を減らしてしまう。

恋愛ができないのは、自己評価を高くしすぎているサインなのである。

自己評価が厳しすぎると恋愛レースのハードルを高くしてしまっている。

自己評価に問題がない人は、未来の恋人との間にある恋愛のハードルを越えられるようにしているという結果。

「俺がきっと守ってやる」等のいかにも男性らしいまるで武道家のような甘いフレーズにすっかり惹きつけられる女性は少ないとは言えない。

とはいえ口先だけの男性とは長く交際できないかもしれないので気を付けて下さい。



雰囲気の助けがないと女性にチャレンジできないという男はおそらく“男性性”がたりない。

逆に“男性性”が強い男なら雰囲気のないところでもどんどんいけるし、女の人が自分に寄ってくる。

実は近頃では、遺伝子が優秀な若い男が減っている。

そればかりか若い男の精子量が減っているらしい。

ゆえに良いDNAを持つ年の離れた男性を女性は追いかけるのだ。

これが今はやりの年の差婚。

避けるような、これ以外でもおずおずしたスタイルが、そういう人のとても魅力的を高めると言う事。

逆に、軽々と相手の誘いにのるようでは、あなたの価値低くするのだ。

ロミオ&ジュリエットでご存じの、求めてはならない愛に燃える理由は、二人以外の干渉が強く結ばれた二人の心の結びつきを一段と掛け替えのないものにしてしまうという心情が作用してしまうからなのだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ