小林裕真から日本人が学ぶべきことと恋愛成就

小林裕真はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>好かれる人の会話術<<

気になる人とのデートの約束を取り付けるために最も大切なのは、予定がない日の過ごし方や趣味などを事前に聞いておき、知らなかった共通点や共感できる大切なポイントを確認しておく事が必要。

世の中の男性は、女性に意思の疎通をするのが下手な時が普通「ちょっかいを出す」動作を、意識していないにもかかわらず選んでしまっている事ばかり。

と言う事では、無意識にからかう事で感情を伝えるのがうまくできない女性との接点を持つ事ができる。

普通、一目惚れというのは「あなたの想像の恋人のイメージに恋愛している」あんな有様なのだ。

いうなれば「イメージの投影」というよく知られた心理メカニズムなのだ。

ちなみに・・・

—————————————————

定時制高校に通う小林裕真容疑者に父親を殺され、長女や自分、まで刺されたにも関わらず 24歳の男を15歳の高校生が取り押さえることができましたが、この年の差でよく父の敵を討つ事ができたなぁと関心しました。 9歳の歳の差で取り押さえて警察に引き渡せることができたってことはこの15歳の体格は大人顔負けだったのでしょうか? それとも父が危険を知らせながら父が殺され、姉も負傷を負い、怒りに奮い立ち、犯人の小林裕真容疑者を取り押さえるために自分自身も負傷をしたが敵討ちができたとかすごく関心しました。 犯人は9年間の引き篭もりで高校が定時制らしいですが、24歳で回りに迷惑をかけてしまった上 他の家族に暴力で攻撃するというというあまりにも愚かなことを犯したのは精神的問題では済ませれません。1人死亡 2人負傷 ということをしてそのまま現行犯逮捕されてしまいましたが、これでは懲役10年ー20年で済みそうです。 この捕まえた15歳の高校生がもっと切実な証言をすれば死刑にすることも無くはナイト思いますが、敵をすでに討っているので、どれだけ裁判を見ているとこで証言を切実に心震わすことができればできそうだなと思う。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

「大恋愛を夢見ているのに…。

どこかにまだ課題があるって事?」。

そんな心配は不要です。

極論としては、出会いがない日常生活を重ねている人や、出会いを実現するために大事なサイト選定を曲解している人が多数いるというだけです。

真剣な出会い、家族になれるような人と付き合いをしたいと思っている方には、結婚を視野に入れている独身女性たちでいっぱいの健全なコミュニティを用いるのが効率的だとされている様だ。

好意を抱いている男性を手に入れるには、上っ面の恋愛テクを活用せず、その人について情報収集をしながらリスクを犯さない技法で成り行きを見守る事が不可欠です。



「本当は浮気なんかできないくせに、かっこつけてんじゃないわよ」といった失礼な言葉を彼氏に吐くと、言われた彼氏は「そんならお前以外の女とできてやるよ!」と心のうちで考えるようになる。

猫の事が好きな人はドラマチックな恋愛を好む事が多い。

家にいる猫も、言うまでもないけれどかわいがるほど主人との関係が深くなり、信頼関係が深くなるパートナー。

だが現実にはクールな様子で、わがまま。

男女ともに近寄ってくる人間力を最大限に生かすためには、個人の妙味を感じ取ってレベルアップに臨まなければなりません。この行為こそが恋愛テクを手中に収めるための要所なのだ。

では、今日も小林裕真関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。








その息吹に触れたとたんあらゆるものを気高いものにしてしまう、これが、愛の魔法だ。

それは、優しい金色の光でうす汚れた黒い雨雲さえ金にする太陽みたい。

そっと「やさしく肩をたたく」又は「やさしく肩にそっと触れる」はさりげない「Body touch」だ。

したがって相手との「密接距離55センチ以内へのそっと侵入」と考えて「クリーンさのあるうっとりさせる香をさせる」事が大切です。

キスですぐに口づけの相手の気質まで無意識にわかってしまうのだ。

パートナーとの口づけは容易に言うと二人の唾液の交換で、二人の唾液にある情報で性格を解析している。

たとえ結婚しようとしまいと、相手を愛する事ができるのが偽りのない恋なのだ。

離れ離れになる日がやってくるのかもしれないけど、けれども離れられない。

その感情が愛情なのだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ