男は度胸、女はLINE 雪と恋愛成就

LINE 雪はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>【期間限定版】恋愛メール大百科 ~彼女のココロを遠隔操作する技術<<

気ままな事ばかり言うと思われている「ギャル系と言われる女」は男たちに不快感をもたれる事がしばしばある。

「デートしてても、振り回されて、クタクタになる」と思われている事実があるのが理由。

いわゆるバッドボーイズ理論はこういう事。

この理論はやさしさに欠け、日課のように相手を乱暴に扱っているのに、珍しく見せる優しい言葉に女の恋人は満足してしまうという現象だ。

与えあう事が当然の二人の恋愛は長続きすると見込む事ができる。

人というものは「自分一人が心理的に言えば報酬を得ている状態を苦手」とする時が多い。

言い換えて表現するとすれば「愛された恩はどうしても返したくなる」と言う事である。

世の中の男が異性に願うもの、第1位に選ばれたのは 「優しさ」。

この時の優しさはつまり「思いやり」の事。

現実的な動きとしては「譲る」「誉める」そして「喜ぶ」。

これら3つの動きが気を付けるべき点。

ちなみに・・・

—————————————————

題名のわからないアニメがあります! https://m.youtube.com/watch?v=p5FIbr4ZQqU この動画の1:50ごろと、2:40ごろ、3:05ごろ https://m.youtube.com/watch?v=Rvoiuw01fFs この動画の2: 05、2:15 https://m.youtube.com/watch?v=3xGd6Rss_Yw こちらの、2:45 多くてすみません(;o;) これらのアニメの名前をご存知の方教えてください!もしよければわかるだけ教えていただけると助かります(可能なら、で大丈夫です)

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

誰かと付き合いたいと夢見ているものの、出会いがないなどと諦めているとしたら、それはあなた自身がいつしかイメージした好きなタイプとリアルに出逢うための手順がふさわしくないと推し量る事がします。

出会いの感受性を磨いていれば、今からでも、この場所でも出会いは転がっている様だ。

不可欠なのは、自分が自分に惚れている事。

万が一の事態にも、個性的に堂々としている事を意識して下さい。

恋愛での深い悩みは大抵、規則性があります。事理明白ですが、個々で情態は変化しますが、広域の目で注視すれば、別段沢山はありません。



「俺が守ってやるから大丈夫」等のいかにも男らしいまるで騎士のような甘言に惚れてしまう女性は相当いる。

しかしながら有言実行できない男性とは将来がない可能性があるので用心するに越した事ではない。

感情を知りたい彼を射止めたいのが希望なら、いいなと思っている彼の60cm以内に入って!「あなたそのものの香り」「あなたの大人っぽいうなじ」最後に「Body touch」これらの三つのテクニックで攻めろ!

昔からの環境の変遷に慣れず、これまでと同じように生きていれば「いつの日かは出会いが待っている」などと侮っているから、「出会いがない」「いい男子は何処にやら??」などと諦めてしまうのだ。

では、今日もLINE 雪関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

【雪】JR山手線内回り 高田馬場 Tokyo JR Yamanote Line Takadanobaba Sta.






「浮気もした事がないくせに、突っ張らないでよ」みたいな責める言葉を彼氏に向かって口に出すと、カチンときた彼氏は「そんなに言うなら誰とでも浮気してやるよ!」と無言で開き直ってしまう。

「有名な運勢占いの結果じゃ、私たちは見た事がないほど相性抜群なんだって!」と話してみると効果あり。

相性抜群と言う事を言葉で確認する事で「自分たちはきっと相性がいい」といううまく暗示をかける状況になる事が見込む事ができる。

恋する人は、テストのできが落ちてしまいがち。

なぜならば左脳と右脳では論理脳、感覚脳に働きが分かれ、本当の恋をしてるタイミングのときは感情をコントロールする右脳が普段よりも活発に働いているのが原因。

恋をしているときというのは正しい判断というものがきかない事がしばしばある。

言い換えて表現するとすれば落ち着いて考えがゆるぎなくできる時であれば錯覚ではない恋をしてはいない状態だというはっきりとした証拠。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ