子牛が母に甘えるようにモーツァルト225と戯れたいと恋愛成就

女性の心理学では、我々は顔見知りになってから大体3回目までに相手との関わり方が見えるという根拠が見られます。わずか3つの接点でお相手が友人の域を出ないのか恋愛感情が生まれるのか見極められるのだ。



モーツァルト225はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

輝く笑顔で微笑めば、相手をラブラブにしたいという本心をさらっと分かってもらえる事ができるのだ。

手に入れたい相手にもその感情を告げる事ができ、自分を好きになってしまう。

恋愛に縁がないのは、自己評価が厳しすぎる裏付けなのである。

自己評価を高くしすぎていると恋愛レースのハードルを越えられなくしている。

自己評価がうまくできている人は、恋愛のハードルの高さを低くできているというわけ。

いつ何時も、適度に行動を気に留めるようにしているが、いつまで経っても素晴らしい出会いがない、という惨憺たる結果が出ているのなら、自らが選んだその行動を考え直す必要があるのは否めません。

「心安い仲でもない僕に恋愛の相談を持ってくる」というケースだけにときめくのではなく、様子を隅々まで確認する事が、彼女との結びつきを継続していく時に必要です。

ゼミや所属団体など四六時中同じ空間にいる顔なじみの間で恋愛が生まれやすい素因は、霊長類の長であるヒトは、日常的に側に存在しているヒトに好意的な感情を持ちやすいという女性の心理学において「単純接触の原理」とされている定義が解き明かしている様だ。

では、今日もモーツァルト225関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

Mozart-Church Sonata No. 8 in A Major, K. 225(241b)






いいなと思っている異性の後ろから突然あなたがその人の名前を呼んだ時、 相手が右から振り向くようなら、きっとその人はあなたの事を異性として見ている(恋愛の対象として可能性◎)のだ。

相手が左側から振り向いたら、ヒトとしてしか見ていない(恋人候補の可能性ナシ)のだ。

恋をしていて夢中のときは嘘を言うのはできるだけつきたくない。

ところが、本気の恋だからこそ嘘だって有りうる。

悪気のない小さな嘘はつく事で嘘をついた彼(彼女)を幸福にさせるものである。

女性にされた疑問を同じように返す事をしない男性はモテる男ではない。

女の人は尋ねた相手に同じように疑問をぶつけてもらいたくてそんなふうに聞く。

あなたが聞いた事では同様に尋ねてほしいというものである。



「今日のは俺が払うからさ、今度ぜひごちそうしてね(笑)」というふうに言える事ができれば、女性に罪の意識を感じさせる事なく、二人の間の空気を和まして、いつかのデートの約束にきっとこぎつける事が考えられる。

現実的な例では、道の反対側から口説きたい男性を呼んでみて下さい。

早足とか、走ってで近づいてきてくれたら、あなたに好意を抱いてくれている相手である見込みが大いにあります。

「愛しているわ」の裏側にはまちがいなくパートナーに対して「愛して下さい」が入っている。

愛し合うと言う事ではお互いに与えるように見せかけながら、実際は反対に奪い合うものなのである。

とにかく一番に異性と知り合う事が最優先。

巡り合う事ができればお互いを愛しあう事になるよ。

そうして互いに愛し合う事になれば、今度は相手の事を支えあう事になるのだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ