人間はキスによって、無意識に相手のDNAや生殖能力の情報を探り、

女性から受けた同じとおりの質問をそのまま返さない男性はまったくモテない。女の人というものは相手に同じことを尋ねられたくてその疑問を投げかける。自分の疑問は同様に聞き返してほしいという難しい生き物だ。
女の人が会話を楽しんでいる途中で、枝毛を探していたことはありませんか?話しかけている相手が同性ではないということなら、気持ちをほぐそうとしている、隠れているけれども、好きという気持ちがある見込みも外れてはいない。
「今日は君の分も俺が払うから、今度ぜひごちそうしてね(笑)」などと言ってあげれば、女性に申し訳ないという気持ちを意識させることなく、場の空気を和まして、この次の二人きりのデートのこぎつくことが考えられる。
どうしても初デートで女性を惚れさせたいなら、お店選びに力を入れろ。手に入れたい女性がご機嫌で認めてくれたら、自分を褒めてくれたメッセージそのものであると思うのが当たり前。
よく自分の姿を鏡で見ている時間が長い人は自分に自信がないという場合が多いらしい。そういう自信がない異性にはあなたがしっかりとした言葉で「素敵だよ」とか「かっこいいよ」と不安を取り除いてあげることを忘れないで。
相手を愛する気持ちというものは義理という鎖だけで保たれているのだ。実際は人間の本質は善ではないのだから、そんな義理は人間の本質で気にせずたち切ることができるわけである。

>>元AV男優が教える!伊集院流百式クンニ強制絶頂マニュアルを徹底解説するブログ
果てしなく高い空は女の恋する気持ちのようなものであり、海については恋する男の気持ちのようなものである。空も海も実は空の下やと海の上のところに決して越えることができない限度が待ち構えていることに気がつかない可能性が高い。
ギブアンドテイクの関係の二人はきっと長続きする。実は人間は「一人のみが愛を与えられている状態は好まない」とする思考が多い。違う言葉を使うならば、「愛された恩は同じように返したくなる心理」が働くということである。
情熱的な愛をそつなくどうしても告白しなくてはとか、あなたの熱い彼女に対する気持ちを言葉だけで伝えなければなんて、緊張する必要はない。熱い気持ちのあなた自身の体が愛の告白といえる。
相手を思う気持ちの中にはしゃべる言葉よりも沈黙が存在する熱愛中の恋する男性が自分の恋人にそっと語りかけるとき、聞いている女性は話声ではなく沈黙にうっとりしています。
パートナーの「愛しています」の真実の意味にはいつでもパートナーに対して「愛してください」が織り込まれている。愛というのはお互いに与えるように見えていたとしても、本当のところは取り合うものだ。
ただ女性が、男性のとめどない話に誠実に耳を傾けなさい。「そうなの?素敵な話、それからどうなるの?」と身を乗り出して瞳を輝かせながら夢について傾聴すること。たったそれだけで合格。
女の人は肉体についてのあれこれと褒め言葉は望んでいない。それ以外の、ほんのわずかな変化、よくしようとしている点を的確に認めてくれると女性の気持ちは満たされるのはあたりまえ。
大好きな人に告白するときは親しくなりたい理由の整理が重要である。「~なところが好き」というふうな好きになった理由を明白にできれば、普通以上に説得力と真実味が高まることになるからである。
口づけする時間が短ければ心変わりしている裏付けかも?!どんな言い訳をしても、体はごまかせません。短い、と思ったら恐る恐る本当のことを確かめてみましょう。

タグ

2013年3月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

このページの先頭へ