婚外恋愛のネタバレ

相手をいとおしく思う気持ちがなくなるにしたがってなんとオキシトシンという物質が体内で静かに分泌され、体が硬くなるのである。相手の手を握ってみてフィット感がないと感じたら恋人をいとおしく思う気持ちがなくなった裏付けかもしれない。
カフェなどでコーヒーを飲みながら、「私とあなたの関係って、どんな恋人同士に見えるかな」とそっと恋人に囁いてみて。このような質問を聞いた彼氏は、動揺すると思います。
「愛してる、愛しています」のバックには通常の場合「愛してください」という意味が織り込まれている。愛というのは慈しみあっているように思われていたとしても、その実相手から奪い合うものだ。
女の人にされたとおりの疑問を返してあげない男性は女性にモテない。実は女の人は相手に同じことを聞いてもらいたくてその質問をするのである。自分の質問は同様に聞いてほしいという特徴を持つ生き物。
男が涙を見せると敏感な女心をキュンとさせることができることもあるが、泣いた状況によっては「つまらない泣き虫君」に思われる悪い状況も可能性はある。
ギブアンドテイクができている恋愛は長続きすると見込むことができる。人は「一人だけが心理的な報酬を受けている状態が心地よくない」と感じるのが当たり前である。言い換えるならば、「貰った恩はどうしても返したくなる」ということである。
恋人ができないのは自己評価がへたくそなに違いありません。自己評価に問題があると恋愛のハードルの高さを越えることができなくしている。自己評価の点数が適切な人は、恋に巡り合うために越えなければならないハードルを下げているという現実。
男たちよ女の人を必ず守りたいとそう思うのなら、油断なくいるのは彼女の右側!不思議なことだが人間はとっさに守りたいと思ったとき、右手よりも左手が先に対応するという特徴があるからだ。
いわゆる、一目惚れとは「自分のなかの欠点のない印象に好意を寄せている」そんな心理状態でいる人ばかりだ。言い換えれば「イメージの投影」という心のメカニズムということ。
つまり拒否的な、そしてつつましい対応が、女の魅力をアップさせる!反対に、軽く相手の誘いにOKしては、きみの魅力を下げてしまう。
羽賀 純一/田中 邦宏さんのキャバクラの帝王を評価検証するサイト

タグ

2013年4月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ