恋愛 歌は怪しい

異性への愛情だけが二人を留めている。支えあう関係だからこそどちらも愛する相手に、決していい加減にはできない。こんな緊張感が女も男も磨くというわけです。
恋の最中の人は、テストの点数が落ちるものである。どうしてかと言うと脳は左が論理脳、右が感覚脳に役割が分かれ、恋愛をしてる最中ならば感情を左右する右脳が普段よりもエネルギッシュに働いているためである。
女性から聞かれたとおりの質問を聞き返すことをしない男性はモテる男ではない。実は女の人は相手に同じように疑問をぶつけてもらいたくてそんなふうに聞くのである。自分が尋ねたことは同様に聞いてほしいという性質を持つ生き物。
恋愛はその女性にとっては大切なその人の生活のビジョンでなければならない。男ならば自分の一生の学ぶべき専門なり職業なりを選別するがごとく真剣な気持ちでパートナーとなる人を選択しなければならない。
いかにして“女性らしい魅力”(優しさ、癒し、包容力)を意中の男性に届けるのかが第一条件であるとともに、最高の条件でもある。魅力のある女であると見せつけようとするアピールに男性は惚れる。
空、それは女性の恋に例えられ、海というものは男性の恋する気持ちのようなものである。男性の恋も女性の恋も下と上とのラインに決して越えることができない限度が置かれていることに気がつかないものである。
ムードのある雰囲気がないと女性にチャレンジできないという男性はおそらく“男性性”がたりない。反対に“男性性”があれば雰囲気のないところでもどんどんいけるし、女の方から男に寄ってくる。
男に言えるのは惚れている人が自分に対してしゃべりかけているときにしゃべっている人の目を見る場合が多い。いつの時でも、男性にしゃべりかけたときにその人の瞳をゆるぎなく見つめてくれているかが、好きかどうかのボーダーラインです。
「有名な占いの結果じゃ、私とあなたは見たことがないほど相性抜群なんだって!」と伝えてあげて。素敵な言葉を口に出して言うことで「二人は間違いなくうまくいく」という信じ込ませる状況になることが期待して間違いない。
飼っている動物を使うことでも、相手の自慢は何かを知ることが可能。ペットは飼い主に似ることが多いもので、人間にとっては、ずっと飼っている動物は飼い主である自分の本当の姿が見える注目すべき存在なのだ。
出会いスポット別女性攻略術を徹底解説するブログ

タグ

2013年5月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ