恋愛掲示板の体験談

どれもこれも素晴らしい恋愛の関係には慈しむ心がある。女らしい女性というものが男性の真の力を愛さずにいられないのは、男性の弱点を無意識に知っているからである。
なぜか恋人ができないのは自己評価がへたくそなことが原因なのである。自分自身の評価が高すぎると恋人までの間にあるハードルを高くしてしまっている。自己評価の点数が適切な人は、恋愛レースのハードルを越えやすくしているという違いがある。
女の人は体のことについての褒めてくれることは希望しているものではありません。そこよりも、小さな変化、創意工夫している点を的確に評価されると女性は満たされる場合が多い。
好意を持っている異性の後ろから不意にあなたがその人の名前を呼んでみて、もしも相手が右から振り向いたら、きっと相手は異性として見ている(恋人候補になれるかも)ということです。相手が左側から振り向いたら、ただ単に人間として見ている(恋愛対象の可能性がありません・・・)裏付け。
恋をしていて夢中のときは、論理的な思考力が下降することがしばしばある。なぜかと言うと脳は左右で論理脳と感覚脳に分かれ、恋におちているときであれば気持ちを担当する右脳が主に動いているからである。
二人で出かけた際、帰り道は、引っ張りたくても引っ張らずに、別れたくないはずの場面でわざとおしまいになると、次に誘われたら必ず一緒に行きたいなという気持ちにさせることが可能です。
恋愛するのであれば、どんなくだらないと思うようなことでも「自分のためにありがとう」や「許してほしい」と本当の気持ちを忘れずに伝える出会ったころの心を絶対に覚えていることが最も大切である。
女の人と会話している時なのに、枝毛を探しているのを見たことはありませんか?もしこのときの相手が異性ならば、どうにかして緊張感から逃れようとしている、違う表現をするならば、好感を持っている期待も考えてみるのもあり。
「猫好き」はドラマみたいな恋愛ができるよう願っている。猫だって、よく知られているとおり愛情を込めるほど主人との距離が近くなり信頼関係が深くなるペット。だけど実際クールな感情で、気まぐれ屋さん。
例えば空は女の恋する気持ちのようなものであり、海、それは男の恋する気持ちのようなものである。どっちも実は空の下やと海の上の境に極限が潜んでいることに気がつかない可能性が高い。
運命の媚薬を徹底解説するブログ

タグ

2013年9月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ