浜木綿子 恋愛はクレームが

結婚できない関係でも、本気で愛していられるのが恋。別れはそのうちくるのかもしれないけど、そうであっても愛するという気持ちこそが相手への偽りのない愛そのもの。
いいなと思っている異性と一緒にいるときがあったら、同じことをするのか確認しましょう。一緒にいられることがあったら、その人が意識せずにとてもよく似た動作をしているようだったら興味あり。
スポーツ選手など有名人の結婚を見てもわかるように、普通の女性は外見重視ではなく、内面を重視している女性が多いのです。なぜか?女というものは感情的・精神的という内面の安心感が一番気を付けるべき点だからです。
「今度どこでもいいから食事に行ける?」と問いかけたとき、「いつかそのうちイケるようになったらいいね」と質問した相手からお返事のメールが送られちゃったら、ほぼ脈はない。
不器用でも、結果を出せる恋愛上手になるための技を教えます。実は「笑顔」です。輝くような笑顔を見せちゃうと、①ぞくぞくと異性が寄ってくる、②これまで以上に可愛く見える、③口説きやすい雰囲気がでるものである。
恋人を愛する気持ちだけが二人を固く結んでいる。他に何も求めない関係だから彼も彼女も恋人に、いい加減になれない。その責任感が男性も女性も磨くということ。
近づきたい女の人が飲み物を飲むのなら、あなたも飲む。頭をかいたら、自分もかく。足を組みかえたら、自分も真似して組みかえる。あなたがそっくりに真似を意識していると意中の相手に親近感がわくことがしばしばある。
テーブルの場合、席が目の前なら、気になる人と自分との間のテーブルの上には普通の物(携帯や手帳それと水など)も置いちゃあいけない。さえぎる物があるとその相手にプレッシャーを与えるだろう。
たとえ結婚できなくても、本気で愛することができるのが真実の恋。そのうちに別れはやってくるのかもしれないけど、けれども離れられないという心が相手への真実の愛情なのだ。
どれもこれも完璧な恋愛の要素には慈しむ心があった。本物の女らしい女たちが常に男性の激しさを好ましく感じるのは、男の弱い部分を知っているから。
愛される女性になるための『恋愛マインド』の評判・口コミ・効果

タグ

2013年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ