恋愛とはの方法

(恋愛というものは)女性にとってはとても大切な生活の設計そのものでなければならない。男ならば生涯をかける学ぶべき専門なり職業なりを選別するがごとく他にはない真剣さで相手となる男性を選択するべきである。
口づけの情報で、キスした相手のDNAや子孫を残す力を探り、相性がぴったりの彼、彼女を選ぶ。キスが×、残念ながら生き物どうしとして合うことがない。
いつも鏡を見るような人は自分の容姿が劣っていると感じていることもあるよ。だからそういう人ににこそちゃんと「きれいだよ」「かっこいいよ」と励ましてあげるべき。
例えば結婚前提の交際のような長く彼女とお付き合いしたいのなら、とてもやさしくて、とても賢くて、忠実、信頼のおけるもうひとつ相手への思いやりもあるあたたかい父親のような男になろうじゃないか!そんな男性は結婚出来るよ!
女の人からの内容と同じ返してあげない男の人は女性にモテない。女性は質問した相手に同じことを質問して貰いたくてそのように尋ねるのである。あなたが聞いたことは同じことを聞き返してほしいという特徴を持つ生き物。
不思議なことに現代で、優れた遺伝子を持っている若い男は減少している。それだけではなく若者の精子量はだんだん減少していることが確認された。ゆえに優れた遺伝子を持っている年配の男性を女性は望む。これが年の差婚が生まれるメカニズムだ。
自分の気持ちを失敗しないよう告白しなくてはとか、あなたの女性に対する気持ちを言葉でわかってもらおうなんて、身構える必要はない。自分の全身が本当の愛の告白ということ。
多くの場合女性は男性の様々な能力などが特別ではないことを望んでいる。全部が40点~50点あたりの人がモテモテ。規格外に突出している立派な人は多くの場合寄せ付けてもらえない。
「猫好き」はドラマみたいな恋愛ができるよう願っている。猫だって、よく知られているとおり愛情を込めるほど主人との距離が近くなり信頼関係が深くなるペット。だけど実際クールな感情で、気まぐれ屋さん。
ロミオ&ジュリエットで有名な、禁じられたの愛が激しい理由は、反対する人たちの余計な意見が愛し合う二人の心の結びつきを一段と強固なものにしてしまう気持ちが作用するわけである。
近藤宗助さんの加藤鷹流!プレミアムテクニック動画!7STEP SEX!を評価検証するサイト

タグ

2014年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

おまじない 恋愛の悪評

猫派はドラマチックな恋愛をしたいと思っている。実際の猫も、当たり前だけど愛情を注ぐほど主人にどんどんなつき、離れがたくなるパートナー。しかしながら実際澄ました表情で、わがままな奴。
悪童(悪たれ少年)理論というのはこういうこと。やさしさに欠け、日課のように大切なはずの恋人をがさつに扱っているのに、ときおり見せるあたたかい心に慣れていない女性の恋人はショックを受けるということである。
口づけの時間が短いとしたら気持ちの変化の証拠と言っていい。いくら上手にウソをついても、体はそうはいかない。短い、と思ったら遠まわしに質問してみるべき。
恋に夢中の人はウソをつくのは避けたい。そうはいうものの、恋人を思いやるためのウソも存在する。細かなウソは実は恋人を幸福にするのが当たり前である。
「浮気する相手もいないくせに、バカじゃないの?」これほどのむごい言葉を彼に叫ぶと、頭にきた彼氏は「そんなに言うなら浮気してやるからな!」と何も言わずに開き直ってしまう。
男性って、女性とコミュニケーションをうまくとることがうまくできない動物。「からかう」というアクションを、意識せずに選択してしまっているのがほとんど。実際のところ、からかうことによって意思の疎通をするのが苦手な女性とのお付き合いが開始されることもある。
女性から聞かれた質問を同じようにそのまま返さない男性はまったくモテない。女性は尋ねた相手に同じように疑問をぶつけてもらいたくてそのように尋ねるのである。自分自身がする質問は同じことを確認してほしいという生き物である。
いいなと思っているヒトと二人の時間を過ごしているとき、隣に座ったのに、相手との間に手持ちのバッグなどをもし置くようなら、残念ながらそれは拒絶感の表れ。今は心はさらけ出せていないれっきとした証拠。
たとえ結婚できなくても、本気で愛することができるのが真実の恋。そのうちに別れはやってくるのかもしれないけど、けれども離れられないという心が相手への真実の愛情なのだ。
二人でカフェでコーヒーなんかを飲んでいるとき、「お店の中の人たちに私たちって、アツアツに見えるかな?」と突然あなたの恋人に聞いてみて。こんなセリフをされてしまった男性は、びっくりすることでしょう。
行列の出来る田辺まりこの恋愛講座の評判・口コミ・効果

タグ

2014年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ