恋愛カタログはインチキ

「今回は俺が払うから、今度は頼むね(笑)」などと笑って言えば、女性にごちそうになった罪悪感を感じさせないように、場の空気を和やかにして、再びの甘いデートにたどり着くことになるだろう。
普通の女の人は話を聞かされる話を聞いてもらうのがうれしい。自分の話ばかり延々と話し続ける男性はただのばか野郎。気を遣いながら気を抜かずに話をするほうになることを好みますな女性に話してよとたのむことが欠かせない。
男たちは普通、コミュニケーションをうまくとることがへたくそな生き物。女性を「ちょっかいを出す」というアクションを、体が勝手に選別してしまっている。結果として、からかうことによって気持ちを伝えるのがうまくできない異性との行き来が可能になったりする。
女の人が、男性のとめどない話に心を込めて耳を傾けてください。「すごいすごい、素敵、それでそれで?」と瞳を輝かせながら志を傾聴すること。たったそれだけのことで十分です。
実は現代で、優れたDNAを持つ若い男性は減少している。それだけではなく若者の精子量はだんだん減少している!ですから優秀な遺伝子を持つ年の離れた男性を女性は追い求める。これが年の差婚。
意中の人の現在の彼女の存在についてさらっと確かめることができる方法とは→①映画などに連れ出してみる。次に②うまく「あなた、彼女とはあまり○○○を観に行かないの?」と尋ねてみよう。
恋をしているときには、とても近くに、けれどいくら祈っても成就することがないとても大きな幸福があるような予感がする。更にその幸福は、たったひとつの言葉、そしてひとつの微笑にのみ震えるのである。
強引なことばかり言うタイプの「ギャル系と言われる女性」は男性に好感をもたれない可能性が高い。「出かけてても、自分勝手に振り回されて、疲労する」イメージがあるのが理由。
終わった過去の恋愛にひきずられるなら、捨てきれないもので好きだった人との恋愛を思い出させるようなものは捨てるべきだ!または売ってみて。これは鉄則、必ず実行。
「浮気もできない男が、かっこつけてんじゃないわよ」みたいな責める言葉をパートナーに対して言ってしまうと、言われた彼氏は「そんなに言うなら浮気するよ!」と自分の心の中で考えるようになる。
失敗のないラブホテル誘導法を徹底解説するブログ

タグ

2014年6月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ