恋愛サーキュレーションは怪しい

バッドボーイズ(悪がき)理論を聞いたことがあるだろうか。それは常日頃はやさしさに欠け、年中パートナーをを乱暴に扱っているのに、ごくまれにのぞかせるあたたかい心にパートナーは感激してしまうという現象です。
男性というものは、気持ちを伝えるのがへたくそな生き物。「ちょっかいを出す」行動を、思ってもいないのに選んでしまっている。現実には、気づかないうちにからかうことでコミュニケーションをうまくとることができない異性との接点ができるようになる。
自信がなくても、うまくできるマル秘テクニックがあります。それは「笑顔」なのです。輝くような笑顔を見せれば、①どんどん人が集まってくる、②これまで以上に可愛く見える、③口説きやすい雰囲気がでるものである。
恋をしているときというのは思慮分別なんかはできない場合が多い。逆に言えば、大人の判断がしっかりきく場合には錯覚ではない恋をしてはいない状態だという手がかりなのである。
鏡の中の自分ををよく見ている男性は自分の容姿に自信がない場合が多いものです。そういう異性にはしっかりとした言葉で「素敵だよ」とか「かっこいいよ」と励ましてあげることが欠かせない。
知ってますか?テーブル席の場合、まっすぐ前に座ったら、手に入れたい人の前にはいろんな物(携帯や手帳それと水など)を置いては×物を置いておくとその相手にプレッシャーをもたらすものなのです。
そっと「そっと肩をたたく」又は「やさしく肩にそっと触れる」は実は「ボディータッチ」そのものであるから、「距離55センチ以内への控えめな侵入」と考えて「クリーンさのある魅力的な香りを備えている」ことが大切です。
親しくなりたい男の人が飲み物を飲むのなら、あなたも飲む。頭を右手でかいたら、自分も右手でかく。右足を組みかえたら、自分も右足を組みかえる。そんな好きな人の真似をしているだけでハートを射止めたい相手に親近感がわくのが当たり前である。
バッドボーイズ理論という名の理論は知らないでしょうか?この理論はやさしさに欠け、年中大切なはずの恋人をがさつに扱っているのに、ときおり見せる優しさで慣れていない女性の恋人はガーンとなるというわけです。
間違いなく素晴らしいと言われる恋愛の中心には母性があった。女らしい女性がみんな男性の強さを愛さずにいられないのは、男性のかわいい部分を知っているからにほかならない。
近藤宗助さんの加藤鷹流!プレミアムテクニック動画!7STEP SEX!を評価検証するサイト

タグ

2014年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

恋愛ゲームのネタバレ

女性が、男性の話題に集中してしっかりと聞きなさい。「うわぁ、なんて素敵、それでそれで?」と瞳をきらきらと輝かして夢について聞いてあげてください。それだけで十分。
ただ女性が、男のくだらない話でも誠実に話を聞いてください。「うわぁ、素晴らしいじゃない、聞かせて?」と眼を輝かせながら志をちゃんと傾聴すること。それだけでもいいのです。
女の人は体のことについての褒めてくれることは希望しているものではありません。そこよりも、小さな変化、創意工夫している点を的確に評価されると女性は満たされる場合が多い。
初めてのデートでいきなり女性の気持ちを手に入れたいなら、デートの食事の選択に重要なポイントがある。惚れさせたい女性が問題なく気に入ってくれるようであれば、自分を認めてくれたサインなのであると思ってもいい。
お付き合いしたい人につぎ込んだり(お金、合わせて心身的、時間的)したら、女性はそうして投資した相手を好きになることが多い。それよりも、どうでも好きになるしかなくなる。
二人で出かけた際、帰り道は、引っ張りたくても引っ張らずに、別れたくないはずの場面でわざとおしまいになると、次に誘われたら必ず一緒に行きたいなという気持ちにさせることが可能です。
なるほど確かに実際の世界でよく考えればその通り、絵空事かもしれない。だがしかし、そうなってほしいとか、現実的じゃない知っていても本心から叶うと思うのが恋愛なんだろう。
いいなと思っているヒトと二人の時間を過ごしているとき、隣に座ったのに、相手との間に手持ちのバッグなどをもし置くようなら、残念ながらそれは拒絶感の表れ。今は心はさらけ出せていないれっきとした証拠。
知ってますか?テーブル席の場合、目の前が相手の席なら、自分の彼女にしたい人と自分の間にはいろんな物(携帯や手帳それと水など)を置くのは失敗。じゃまな物があると相手にプレッシャーを与えるだろう。
軽々しくない、他には遠慮がちなスタイルが、人間の魅力をアップさせるということだ逆に、あっさりと誘いにのるようでは、女としての魅力下げるということ。
相田一矢さんの即ハメナンパ究極マニュアルを評価検証するサイト

タグ

2014年7月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ