近距離恋愛は詐欺?

恋愛するのであれば、どんなくだらないと思うようなことでも「自分のためにありがとう」や「迷惑をかけた」と本心を率直に口に出す初めのころの心を慣れっこになってもずっと忘れない事ができなければならない。
つまりロミオ&ジュリエットで知られる、タブーを破る愛が激しい理由は、友人・知人からの横やりが燃える二人の心の結びつきをいっそう隙のないものにしてしまう心が作用してしまうからなのだ。
気になる人の後ろからあなたがその人の名前を呼んでみて、もしもその人が右側から振り向いたら、きっとその人はあなたのことを異性として見ている(脈あり)ということです。もしも相手が左から振り向くようなら、それは人間として見ている(恋愛対象の可能性が無い)証拠かも。
「自由な時間がない」が当たり前の女性は×。「せっかく声をかけても忙しくて無理と振られそう」と声をかけたい男性がデートの誘いを囁くのを投げ出しているのが当たり前ではないか。
ただ女性が、男性のなんでもないような話に心を込めて耳を傾けてください。「うわぁ、素敵なお話、もっと聞きたい」と眼を輝かせながら思い描く夢をしっかりと聞いてあげること。それだけでもいい。
「いつ見てもたったひとりでひとりで活動している社交的ではない女性」は『孤独なひとりの世界を邪魔してはいけない』という言葉では表現できない威圧するような雰囲気があり、近づくことが許されないと思われる。
なんと現代で、良いDNAを持っている若い男性はだんだんだんだん減少している。もう一つの問題があって、若い男性の精子量はだんだんだんだん減少しているという事実。こういう理由で良いDNAを持つ年配の男性を女性は追いかけるのだ。これがいわゆる年齢差婚の原因。
「俺がきっと守ってやる」等の男性らしいまるでナイトのような言葉に口説かれることになる女性はいくらでもいる。しかしながら口先だけの男性とはすぐに破局する場合もあるかもしれないご用心。
気になる異性が体の具合が悪くてしんどいときこそ誠実な気持ちでかけたフレーズや心配りの気持ちを知らせることができたら、苦も無く相手を近づけられるゆえに、絶好の機会である。
恋の最中の人は嘘を言うのは嫌いだ。状況によっては本気の恋だからこそウソも存在している。相手を思いやった小さなウソは逆にウソをついた相手を幸せにさせることがふつうである。
風俗嬢セフレ化計画を徹底解説するブログ

タグ

2014年9月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ