恋愛とはの体験談

何より最初に相手を見つけ出すことが大切。相手と知り合うことができればお互いのことを愛しあうことになるに違いない。そうして相手と愛し合うようになれば、今度は相手を支えあうことになるに違いない。
男性が泣くと女性の敏感な心をキュンとさせられるだろうけれど、泣いた状況によっては「どこにでもいる泣き虫ちゃん」に見られるという状況もあるだろう。
わがままばかり言う「いわゆるギャル系の女性」は男側から好意をもたれないものである。「デートの最中、振り回されることが多く、疲労する」という固定概念があるということ。
「にこにことした笑顔=認めている」という意味。聞いてほしい人の自分を肯定してほしいという気持ちを尊重して満たしてあげる高度なテクニックなのです。あなたのくだらない冗談や話をきちんときいて笑顔になってもらえたらとっても嬉しいことです。
「浮気する相手もいないくせに、バカじゃないの?」これほどのむごい言葉を彼に叫ぶと、頭にきた彼氏は「そんなに言うなら浮気してやるからな!」と何も言わずに開き直ってしまう。
恋をしている最中には落ち着いて考える思慮分別というものがきかない確率が高い。つまり実は、大人の判断が確実にきいている時には本当の恋などしていない気持ちのはっきりとした証拠。
男性たちは普通、女性に意思の疎通をするのが苦手な動物。「ちょっかいを出す」行動を、意識していないにもかかわらず選択してしまっているのがほとんど。結果として、無意識のからかうという動作の選択で上手にコミュニケーションをとるのが苦手な女性との接点が生まれる。
本当の恋をしていると、かなり近くに、そうにもかかわらずいくら欲っしても成就することがないとてつもない幸せがあるように考える。それだけでなくその幸せは、たったひとつの言葉、そしてひとつの笑顔にのみ左右されるのである。
意中の人にぐっと近づくために、その相手がたった一人の存在であることを暗示させるキーワードを巧妙に使ってあげて。例を挙げれば「あなただけ」とか「オンリー」のと言うのが一つの高度な技なのです。
自分は「犬好き」だという人は喜怒哀楽の表現が豊かな恋人を作りたがる。情を注いだ分もちろん自分にも返してもらえる、そのようなタイプの恋人がほしいと思い願ってしまう思考が多い。
SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアルを徹底解説するブログ

タグ

2014年9月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ