不思議の国の菊花賞と恋愛成就

もしかすると、恋愛に長けた人物は恋愛関係でおろおろしない。いや、逆に立ち止まらないから恋愛が上手にいってるといったところが真実かな。



菊花賞はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

女性は外観についてのどうこうという言葉はほしいと思っていません。

かえって、少しだけのおしゃれ、手を入れている事を的確に賛辞の言葉をもらえたら女性は満足するものである。

女性はもともとの身体的な評価は望んでいない。

それよりも、ほんのわずかなおしゃれ、がんばっているところをうまく賛辞の言葉をもらえたら女性は本当に褒められたと言う事がしばしばある。

誰も結果を出せる恋愛テクがあります。

気になる答え、それは「笑顔」です。

とても魅力的的な笑顔を見せましょう。

すると、1ぞくぞくと異性が寄ってくる、2異性からとても魅力的的に見える、3口説きやすい雰囲気がでる事が少なくない。

恋愛においての悩みは種種雑多だが、ジャンル分けすると異性への根源的な嫌疑、脅威、異性の感情が理解できない悩み、SEXにまつわる悩みではないかと考えます。

「完全に0円の無料出会い系サイトにおいては、どういった手法で切り盛りしているの?」「誰かとやりとりした途端にとてつもない請求がやってきたりしない?」などと訝る人が多いのは事実ですが、心配はご無用。

もし、現在、みなさんが恋愛で困っていたとしても、ネバーギブアップ、継続して下さい。

恋愛テクを応用すれば、おそらく貴女は将来の恋愛で最愛の人と結ばれます。

では、今日も菊花賞関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

菊花賞2006






意外とイケメンは、「不真面目そうだよね」「いつでもモテてるんでしょ」「何人も彼女いたよね」と勝手な事を想像されて大人気がない。

多くの女の人の恋の標的から削除される事が珍しくないのだ。

恋人を愛する感情だけが二人を留めている。

他に何も求めない二人だから彼も彼女も恋人に対して、テキトーになれない。

その感情が女を、併せて異性としての男を磨くわけです。

自分の感情を如才なく告白しようとか、あなたの熱い女性への感情を言葉だけで伝えなければなんて、緊張する必要などない。

君自身の存在が愛の告白です。



異性への愛情だけが二人をつなぎとめている。

支えあう二人だからお互い恋人に、いい加減になれない。

こういう責任感が女も男も磨くでしょうね。

近づきたい異性とデートの最中、相手の隣に座った席で、無意識に自分との間に手持ちのバッグなどなどをもし置かれるようなのだとしたら、残念ながらそれは拒絶感の表れ。

今はあなたに対して心はオープンにできていないれっきとした証拠。

その吐息に触れるなんでも貴いものにする、不思議な愛の魔法なのだ。

なんだか、素晴らしい光で黒い雨雲までも金にする太陽のようである。

女の人が、男の人の今話題に感情を込めて話を聞く事。

「そうなの?、素敵、聞かせて?」と眼をきらきらと輝かして思い描く夢をしっかりと聞いてあげる事。

それだけで合格です。

タグ

2015年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

恋する菊花賞と恋愛成就

菊花賞はひとまずおいといて。
当ブログは恋愛の悩みを解消する情報をご紹介しています。
こちらをご確認ください。
↓↓

話さない会話術 -自分に無理せず、会話コンプレックスを武器に変える-
話さない会話術 -自分に無理せず、会話コンプレックスを武器に変える-
無断での複写複製、転売、転載は認めておりません教材評価サイトへの画像使用の際は必ずご一報下さい


たくさんの成功者がいるようですね。。。

当サイトで人気上位はこちらです。
↓↓

>>成功を引き寄せるファッションプログラム -Real men’s gate-<<


昨日、菊花賞を優勝したキタサンブラックのオーナー、北島三郎は下積み時代は売れていなかったのですか?

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

では、今日も菊花賞関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

【競馬】「イチオシ大予想TV 馬キュン!」第91回(菊花賞)【完全版】(2014/10/25)






まっすぐ帰るなんて事ではせず、分け隔てなく参戦しているにも関わらず、数年も出会いがない、と嘆く人の多くは、依怙にとらわれすぎて見過ごしているともとれます。

「蓼食う虫も好き好き」といった言い方も使用されている様だが、交際して間もない恋愛のさなかには、男性も女性も、なんとなくふわふわした心持が見受けられます。

30代の男の人が女の人に恋愛の相談を依頼する時は、一番好意を抱いているというのは大げさかもしれないけど、男性サイドとしては二位ぐらいの位置づけで思いを寄せている人という地位だと認識している事が大方です。



「犬好き」でかつ「犬タイプ」の人は、そんなに意識せずに見ても恋愛感情そのものがすごくはっきりしているタイプの人です。

恋人ができた時、すぐにその周囲にバレてしまう事もあります。

女の人というものは男の人の様々なスキルが平均的である事を望んでいる。

すべての点においてみんなの中間くらいの男性が好感をもたれる。

格別に素晴らしい才能ばかりの誰からも一目置かれる人は多くの時寄り付かれない。

手に入れたい人とのデートの約束を成功させるのにポイントは、普通の生活や仕事がない日の過ごし方などをそれとなく聞いておき、二人で共感できる重要なポイントをおさらいしておく事が最も大切。

「全く出会いがないのだ」などと絶望している人は、現実には出会いがない事などあるわけがなく、出会いがないと口実を作る事で恋愛から逃げていると言う事も様になります。

ムードがないと女性を誘う事ができない男はおそらく“男性性”がたりない。

たぶん“男性性”が足りているならムードがなくても強気でいけるし、女性の方から男性に近づいてくる。

異性への愛情というものは言ってみれば義理の鎖だけで維持されているわけです。

そして当然ですが人間の生まれついての性格は善ではないのだから、その鎖なんかは人間の本性ですぐでもたち切れる。

女性のうち「いつもたった人りで単独行動しているという孤独な女性」は『気に入っている人りの世界を邪魔してはいけない』という言葉では表現できない威圧するような雰囲気があり、とても近寄りがたいと思われる。

タグ

2015年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに早見あかりは嫌いですと恋愛成就

今となっては、大方の無料出会い系は無難で、そして安心して多くの出会いを見つけられる様になります。何かあった時のためのセキュリティ体制を整えるなど、個人情報も大切に取り扱ってもらえるサイトも、今では多く存在している様だ。



早見あかりはさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

いいなと思っている人の後ろからあなたがその人の名前を呼んでみて、もしも相手が右から振り向いたら、その人はあなたを異性として見ている(脈あり)と様になります。

もしも相手が左側から振り向いたら、ただの人としてしか見られていない(恋愛対象の可能性がありません・・・)証拠かも。

意中の人に告白するときは好きになった理由の整理が肝心。

「~だから、好きになりました」というような好きになった理由を説明して伝えれば、ぐんと説得力と真実味が高まるわけです。

「今日のぶんは私が払うから、次回は頼むね(笑)」というふうに言えたならば、女性に後ろめたい感情を受け止めさせる事なく、場を和やかな雰囲気にして、また次回のデートの約束に持ち込む事ができると予想される。

くしゃみや咳を口を手で覆い隠して、なんとか音を小さくしようとする人は小悪魔体質といえる。

そんなにまで周りに気を使って、行動する態度なら、相手にやさしさが伝わるので、誰からもモテる。

「完全に0円の無料出会い系サイトに関しては、どのようにして経営が成り立っているの?」「いざ使ってみると利用料の支払い督促が届くのでは?」と推察する人がいるのは否めませんが、そんな事では一切ありません。

「これ以上ないくらい好き」という感情で恋愛をスタートさせたいのが夢見がちな女の子によく見られる傾向ですが、突然お付き合いを始める事ではしないで、とりあえずその男の人に“きちんと向かい合う事”が重要です。

女性に加えて男性も不安に思う事なく、無料で満喫するために、世間的な評価や出会い系の報が大量にあるサイトで評価されているような出会い系サイトを見てみて下さい。

では、今日も早見あかり関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

ももいろクローバー【脱退告白の裏話】早見あかり&百田夏菜子






どれもこれも素晴らしいと言われる恋愛の本質には母性があった。

真の女性としての素質を備えた女性が常に男性の真の力を知って愛するのは、男の弱い部分を知っているから。

女性から質問された質問を同じように聞き返してあげない男性は女性にまったくモテない。

女の人というものは相手に同様に尋ねられたくてそんなふうに聞く。

自分自身がする質問は同様に確認してほしいという難しい生き物だ。

恋に夢中のときは、論理的な思考力が落ちるものである。

理由は脳は左右で論理脳と感覚脳に分かれ、本物の恋をしてるときならば感情を支配する右脳が普段よりも活発に動いているからである。



異性への愛情がなくなるとオキシトシンという難しい名前の物質が体内でひそかに分泌され、その影響で体が硬くなる。

パートナーの手に触ってみたときに今までと違って硬さを感じるようなら相手への愛情がなくなった表れなのである。

恋人づくりのために欠かす事のできない重要なポイントは何か知りたいと確認されたら、私は即座に、気を抜けないところをとらえる事と答えたい。

第二も、第三も間違いなくそれだ。

親どうしも認めている結婚を前提としたお付き合いのような長期間的にモテたいのなら、とてもやさしくて、すごく賢い、さらに忠実、そして信頼のおける周りの人への思いやりもあるそんな父親のような男性になろうよ。

そうできれば結婚できると思う。

女が、男のなんでもないような話に本心から耳を傾けて下さい。

「すごいすごい、素敵、それでそれで?」と瞳をきらきらと輝かせながらロマンを聞いてあげなさい。

それだけでもいい。

タグ

2015年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

トルコ大使館を知らずに僕らは育ったと恋愛成就

トルコ大使館はさておき、ちょっと見てってください。
本ブログは、信頼ある恋愛成就の情報を紹介をしています。
2分だけお時間を下さい。
↓↓

>>NET SPIRAL ※ネット出会いノウハウ ■先着200名 プロフィール制作無料プレゼント付き!<<

デートの最後、さよなら、というときは引っ張りたくてもぐずぐずせずに、最後の一番の時間で少し強引に帰ると、次に誘われたら今日みたいに楽しく会いたいと思わせる時が多い。

「今評判の運勢占いによると、あなたとは相性抜群な関係なんだって!」と伝えてあげて。

成功を予感させる言葉を声に出してみる事によって「自分たちは必ず相性がいい」という希望がかなうという感情にさせる結果が予想される。

ちなみに・・・

—————————————————

トルコ大使館の前で、トルコ人とクルト人が殴りあいの喧嘩をしていましたが、東京オリンピックは大丈夫でしょうか? オリンピックのときは、ユダヤ人もパレスティナ人も世界中の人が集まりますが、戦争にはなりませんか?

引用元

今日の知恵袋には、こんなご質問もありました。
参考まで

—————————————————

「完全に0円の無料出会い系サイトについては、どのようにしてマネジメントしているの?」「後になって利用明細を送付してくるんでしょ?」と勘繰る人が多いのは事実ですが、そんな危惧はナンセンスです。

誰もが知っているような完全に0円の無料出会い系サイトは概ね、そのサイト自体に無関係の他社の広告を掲載しており、それをプロフィットとして運営管理を行っているため、利用者は無料でサービスを受けられるのだ。

20代の男性が女性に恋愛の相談を切り出すケースでは、一番気になっているとは言い過ぎかもしれないけど、男の心境としては2巡目ぐらいにカノジョにしたい人という序列だと決めている事が大半です。



結婚できない相手でも、本気で愛していられるのが真実の恋なのだ。

離れ離れになる日が訪れるかもしれないけど、それを知っていても相手の事を愛するという心こそが本当の愛情そのもの。

避けるような、それ以外だとおずおずした反応が、その人の惹きつける力を高めるというわけ。

逆に、いとも容易に相手の誘いにのるようでは、とても魅力的低くするというわけ。

かつては、お金を払わなければならない出会い系サイトが一般的でしたが、近頃は完全に0円の無料出会い系サイトも使いやすくなっただけでなく、利用時のセキュリティも確保され、急激にユーザー層が広がりを見せている様だ。

では、今日もトルコ大使館関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。

親日トルコのファーストフード店を日本に呼びたい!(シミット)






何と暗闇の心に働く力は、すごい!表情の動きが隠れるので、安堵感・開放感を手に入れる。

高い確率で人は、表情の動きを読まれる事では避けたい事である時が多いからだ。

注目!暗闇の心理的効果は、ずば抜けている様だ。

自分の表情が暗闇でうまく隠れる事で、安心感・開放感を得る。

人というものは、見られたくない表情を見られる事では嫌な事なのだ。

男性が異性に希望するもの、第1位に選ばれたのは 「優しさ」。

優しさ、言い換えれば「思いやり」の事。

それを感じる事が多い行動をあげれば「譲る、誉める、喜ぶ」ではないでしょうねか。

この3つの行動が大切。

ほとんどの人は愛のとらえ方を「愛する事」というクエスチョンや、「愛する力の判断の問題」としてではなく、「愛される自分」という問題として意識している様だ。

タグ

2015年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ日記

このページの先頭へ